オトコには、人には見せられぬ秘密がある…

プライバシー堅守の最新スマホ登場

2013.02.16 SAT


カラーは、オーシャンブルー、スパークリングピンク、ブラック、ホワイトの4色展開
お気に入りの動画や写真、アプリが大量に詰まったスマートフォンは、電話やメール機能だけだったフィーチャーフォンに比べて、自分の趣味嗜好が色濃く反映された、よりプライベートなデバイス。ホーム画面に並ぶアプリ群を見れば、持ち主がどんな性格の人物か、大体わかってしまう…といっても過言ではないかも。しかし、人は誰しもパブリックな自分の裏側に、あまり見られたくない意外な一面を隠し持っているもの。スマホの中に、他人には内緒でこっそり楽しんでいるアプリや、写真などのデータが入っているという人、いませんか?

そんなプライベートなスマホでも、たとえば通勤電車の中やオフィスなど、操作中に他人の目に触れてしまう機会は、日常生活のなかにたくさん…。できれば、オフィシャル用とプライベート用を分けたいところだけど、そんなコストをかける余裕はないし…。

そこで注目したいのが、ソフトバンクから登場した富士通モバイルコミュニケーションズ製の「ARROWS A 201F」。ソフトバンクから発売されるARROWSシリーズの第2弾となるこちらのスマホは、クアッドコアCPUに大容量バッテリー、4.7インチのHD液晶などが搭載された、いわゆる“全部入りスマホ”。しかし、一番の注目ポイントは、フィーチャーフォンシリーズに採用されていた「プライバシーモード」が搭載されていること!

「プライバシーモード」とは、指定した人物に関するメールや連絡先、発着信履歴をはじめ、写真や動画、ブックマークを非表示にすることができる機能のこと(※詳細は関連リンクの動画参照)。スマホ対応となった今回は、アプリを個別に設定し、モード起動時に選択されたアプリだけを隠す機能も追加されています。あらかじめ指紋登録しておくスマート指紋センサーを使えば、モードの起動・解除の切り替えは指一本でOK! パスワードやパターンをその都度入力する必要がなく、スマート指紋センサーのスイッチひとつですぐに切り替えられるのも魅力的です。

自分のプライベートな秘密が詰まったスマホを、どこへ出しても恥ずかしくないオフィシャルなスマホへ瞬時に変身させてくれる「ARROWS A 201F」。スマホの利用機会が今後ますます増えそうなユーザーの気持ちを汲みとった、ありそうでなかった一台だといえそうです!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト