靴やデニムも登場し、ラインナップがさらに充実

リバティプリントの着こなし方

2013.02.28 THU


リバティプリントのジャケット、ブラウス、ワンピース(BEAMS) http://www.beams.co.jp/
春になると綺麗な色の服やプリントのファッションがたくさん並びますよね。中でも、ここ数年毎年人気なのがリバティプリント。今年の春夏は、これまでよりもバリエーション豊かなリバティプリントのアイテムがたくさん登場する模様。リーバイスからはオレンジの小花柄のシャツやデニムパンツ、オニツカタイガーやmelissaからは、ピンクのプリントシューズが登場と、トータルコーディネートができるぐらいのリバティプリントの嵐の予感! でも、みなさん、小花柄=リバティプリントと勘違いしていませんか?

リバティプリントとは、1875年創業のロンドンのリバティ社による花や動物をモチーフにしたデザインプリントのこと。100年以上前から愛されるプリントもある老舗です。そのデザインプリントを使って、さまざまなブランドが商品を制作・発売しています。つまり、リバティ社が作ったプリント柄=リバティプリントなのです。

では、今年はどんなスタイルがおすすめなの? 人気セレクトショップBEAMSのプレス・澤田実奈さんに聞きました!

「春夏のリバティプリントは、明るくてカラフルなものが人気ですが、はっきりとした色同士が組み合わさったカラフルなものや、大人っぽく着ていただけるようなグリーンベースのさわやかなものなど、幅の広さがうれしいですね。リバティプリントの魅力は、柄に華やかさがあるところ。派手なだけでなく、繊細なタッチで細かいところまで気遣って描かれています」

今年おすすめの着こなし方はありますか?

「今年の春夏ファッションはネオンカラーなどビビッドなものが注目されているので、リバティプリントとネオンカラーの小物を合わせると、ぐっと今年らしくなります。リバティプリントのシャツやジャケットをデニムなどベーシックなアイテムに合わせて、靴やバッグなどの小物にネオンカラーを取り入れるのがおすすめです」

自分好みのリバティプリントを探しにお店にいってみましょう!
(取材+文・北本祐子)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト