スマートマネー調査隊

第2回 デートで女の子を失望させるNG行為とは!?

2013.02.27 WED

スマートマネー調査隊


男女の意識差が出たのが「細かく割り勘」。申し訳なさそうに「払うよ~」と言う彼女の言葉をそのまま信じない方が懸命なのはいうまでもない…。

女性はデート時の“男性のお金の支払い方にシビア”!?



難解な女心を理解すべく、M1・F1総研®が運営するスマートマネー研究所が行った、20~34歳の首都圏在住の未婚男女624人に聞いたアンケート調査結果から、男女の意識差を見てみよう。

まずは、「デート時に男性の評価が大幅に下がるNG行為は?」という質問についての女の子の回答から。67.6%の女性が挙げた最もNGな行為は「店員に横柄な態度を取る」だった。次いで「途中でお金が足りなくなって、お金を貸してと言われる」(52.6%)で、3位は「細かく割り勘にする」(41.7%)という結果に。

一方、男性にも同じ質問をして、女の子へのNG行為を予想してもらったところ…。1位と2位は同じ順位であったものの、3位に「記念日を忘れる」(38.8%)がランクイン。女性で3位だった「細かく割り勘にする」は、4位(31.1%)という結果に。また、男性で3位だった「特別な日を忘れる」は女の子の結果では5位(28.8%)。しかし、「お金を貸してと言われる」ことや「細かく割り勘にする」ことへの意識差をみると、女の子は男性が思っている以上に“お金の支払いにシビア”で、よくチェックしているといえそう…。
1円単位まで割り勘をするのは論外だが、他にも、「記念日デートなのにクーポンを使う」や「クリスマスなのに居酒屋だった」といったミスマッチをあげる女の子も。
さらに具体的に、女の子に対して「デートで幻滅したエピソード」※を聞いてみたところ、お金に関するエピソードを上げる人が38%と最も多く、「1円単位で割り勘」(29歳)「割り勘は構わないけど、端数まで請求されると興ざめ」(30歳)と割り勘に関するものが目立ったほか、「(デートに)慣れてきたら、『高っ!』とかいう」(23歳)など、金銭感覚でのズレが幻滅の要因になっていることが読み取れた。ここでポイントなのは「割り勘」が絶対NGなわけではなく、「1円単位の割り勘」など、非常にお金に細かくセコイ態度が嫌ということだ。スマートで器の大きい男を演じたいなら、少なくとも「端数は負担してあげる」気概がほしいところだ。

ちなみに、デートでは、急な出費や持ち合わせのない時でも安心なカード払いがオススメ。現金での支払いと違って、女の子が支払い金額や小銭を目にすることなく会計を済ませられるので、細かく割り勘という話にもなりにくいし、女性に総額を意識させない配慮にもなる。ちなみに、「おごるよ」と男らしく言ったときに、もし彼女がお金を払いたいと言ってきたら、金額が少なくて済む「2軒目のバーやカフェを支払って」というさりげないオファーもおススメだ。貴重なデートのチャンス、支払いの場面でマイナスイメージを与えないようにご注意あれ!
※首都圏在住の20〜34歳の未婚女性100名アンケートによる(アイリサーチ調べ)

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト