“お金持ち界”のトレンドニュース

アルノー氏高税率による移住諦め

2013.04.12 FRI

世界最大のラグジュアリーブランドグループ「LVMH」の会長、ベルナール・アルノー氏が、ベルギー国籍の取得を行わないことが11日わかった。

AP通信によると、理由は、自身のビジネスへの悪影響を考慮したという。高額商品を扱う商売だが、コンシューマービジネスという点での評判がやはり、足かせとなったようだ。

フランスはオランド政権の政策によって、年収100万ユーロ以上の人には75%の所得税が課税される。すでに名俳優のジェラール・ドパルデューさんがロシア移住を検討するなど、さっそく移住、国籍離脱などが相次いでいる。

アルノー氏はフランスでナンバー1の大富豪だが、すでにベルギーをはじめ国外にも多数の邸宅を保有しているため、海外で生活することは何ら支障はない。

ただ、ベルギー移住報道が出た後は、「やはり」という声が多く、自らの商売への影響を考えざるを得なかったようだ。

コンシューマービジネスを営む人にとって、高税率から逃れるための移住に対して、影響を与えることになりそうだ。

記事提供元/YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト