異動や転職で、職場でも春は出会いの季節

気になる男性を食事に誘うテク

2013.04.25 THU

新年度は、職場でも新たな出会いが生まれる時期。でも、いざ「あの人ステキ♪ 食事に行きたいな」と思っても、「断られて気まずくなったら…」なんて考えるとなかなか誘えない、という人も多いはず。そこで、気になる職場の男性を“さりげな〜く”1対1の食事に誘うテクを心理カウンセラーの小高千枝さんに聞きました!

「断られたらどうしようと不安になるのは、相手を“男性”として意識しすぎているから。まずは“職場の友達”として食事に誘えば、もしも断られてもダメージは浅く済みます」

確かに、友達だと思っていれば断られても「ま、いっか」と立ち直れるかも!

「意識を変えると無駄に緊張しなくなるので会話が弾み、彼の趣味を知るチャンスが増えて、食事に誘うきっかけもつかみやすくなります。例えば、話の中で彼が日本酒好きだとわかったら『私がこの前行ったお店、日本酒がすごくおいしかったよ。今度行こう!』と自然に誘うことができます。女性がお店を提案すると、男性はより誘いに応じやすくなりますね。逆に、男性を立てようとして『おいしいお店、教えてください』などとお願いすると『オレが奢るのか!?』と勘ぐられて引かれる危険が…」

なるほど〜。でも、「今度」って約束は実現しないことも多いんですよね。

「そんな時は、『来週は仕事が早めに終わるので』『月曜は比較的時間があるので』などと“幅を持った期日”を提案するといいですよ。具体的な日取りを指定するよりライトな印象になるので男性も受け入れやすくなりますね」

…ちなみに、「食事に行ったら思ってた人と違った」なんて場合でも関係が切れないのが職場恋愛。もし次のお誘いが来たらどうすれば…?

「好意がないことを悟られてもいいので、『先約があるんです』『今度はみんなで行きましょう』などと、とにかく返事をすることが重要です。曖昧なまま放置すると、徐々に関係が悪化して仕事に影響を及ぼしかねません」

1対1の食事を“特別なこと”重く考えすぎず、気軽に誘うことが成功への一番の近道なのかもね。
(取材+文・榛村季溶子/short cut)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト