思わず欲しくなるグッズ!

玄関前の訪問者をスマホで確認

2013.04.23 TUE


本体サイズは約189×99×102mm。付属のリチウムイオン充電池は約3カ月の連続利用が可能。内開き、ドアクローザーがない、引き戸などのケースでは使用ができないので、詳しくはホームページで確認のこと
ピンポ~ン♪ 深夜にいきなり鳴るチャイム。一人暮らしの恐怖あるあるです。深夜などの非常識な時間帯のチャイムなら無視すればいいのですが、常識的な時間のチャイムだとそうもいきません。不用意に出ると、なにかしらの勧誘で嫌な気分になることもありますが、かといって出なかったら、注文したことを忘れていた通販の宅配便だったりすることがあるからです。

モニター付きのインターホンならそんな問題もないのですが、そんな設備がある賃貸物件は家賃もそれなりに高いケースが多いのが現実。そこでオススメしたいのが『コワガーリー』です。

『コワガーリー』は、簡単に玄関ドアに装着できる防犯カメラ。人感センサーが来訪者を感知すると起動します。便利なのは、映像の確認がスマートフォンで行えること。トイレに入っていても、ベッドにいても、すぐに訪問者を確認することができます。

カメラセンサーの有効範囲は2.5mで、カメラに写る範囲は例えば身長170cmの訪問者なら、ドアから30~120cmの範囲内に立っていれば全身を映し出すことが可能というもの。5ルクスの明るさがあれば撮影が可能なので、夜でも安心です。ちなみに5ルクスとは、蛍光灯1本で高さが5mの街灯下の地面の明るさくらいだといわれています。

また、モニターするだけではなく、アプリの録画ボタンを押せば、動画や静止画の撮影が可能。映像や画像はスマートフォンに保存されるので、万が一のときの証拠にもなります。

取り付け方はとっても簡単。玄関ドアの上部に掛けて、本体上部のネジをプラスドライバーで固定するだけ。落下防止のために両面シールも同梱されています。

スマートフォンとの通信はWi-Fiを利用するので配線も必要なし。Android端末なら自宅で無線LAN設定をしていてもアプリ起動時に自動で接続、iOS端末の場合は自宅の無線LANかアプリのいずれかを選択して接続を行います。ただWi-Fiを利用しているといっても、コワガーリーからスマートフォンへ映像を送るためだけに使われているので、外出先からインターネットを利用して映像を確認することはできません。

この春から一人暮らしを始めた、引っ越しして新しい環境に変わったというあなた。防犯のために一台いかがですか。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト