親切、清潔、安全性…国家イメージ世界一!

世界が噂する「日本の評判」

2013.06.06 THU


なお、外国人に一番人気の日本の観光スポットは「広島平和記念資料館(および原爆ドーム)」(トリップアドバイザー調べ)となっている 画像提供/Natsuki Sakai/アフロ
「マイナス思考型」が多いといわれる日本人。メディアの報道でも、どちらかというと自国にダメ出しをする論調が目立つ。だが、そうした国民性とは裏腹に、世界から見た「評価」は思いのほか高いことをご存じだろうか? 例えば米Time誌が56カ国12万人に調査した「国家イメージ」に関するアンケートでは、日本が2007年以降4年連続で「世界一イメージが良い国」に選ばれている。また、シンガポール国民1000人に聞いた「最も親切な国」(同国政府公認NPO調べ)でも日本は1位だ。

高評価を受ける理由のひとつに挙げられるのが、日本が行ってきた他国への多額の援助。90年代のODA援助額やユニセフ募金への2012年度民間拠出額は世界1位となっている。なお東日本大震災後の2011年には逆に「外国から受ける援助額」が世界1位となるといううれしい「お返し」もあった。

日本製品への信頼性・好感度の高さも大きい。米情報誌コンシューマー・リポート「自動車ブランド別信頼性ランキング」では1位から7位を日本車が独占、テュフズードジャパン「家電製品の安全性に関する世界的な認知度調査」でも、各国消費者から「日本製品が最も安全性が高い」と認識されている。

さらに、海外旅行者からの評判も上々。主要40都市を訪問した旅行者に聞いた「行ってみて良かった都市」(トリップアドバイザー調べ)では東京が総合1位。項目別では街の清潔さ、安全、公共交通機関、タクシーのサービスなどが1位に輝いている。2012年版ミシュランガイドにおいて三ツ星が最も多いのも「東京版」。“ホスト国”として誇れる評価を受けているのだ。

謙虚は日本人の美徳でもあるが、度が過ぎると誇りを見失う。たまには胸を張って日本の良さを見つめ直してはいかがだろうか。
(榎並紀行/やじろべえ)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト