各ジャンルの専門家が解説

ボーナス商戦の注目キーワードは?

2013.06.21 FRI


『R25』2013年6月20日号では、本記事に登場した3人の識者たちが、おすすめのアイテムや旅行を紹介している。バックナンバーは次のURLをチェック http://r25.yahoo.co.jp/backnumber/list/ 写真提供/PIXTA
アベノミクス効果もあってか、第一生命経済研究所の「2013年夏のボーナス予測」では、民間企業のボーナス支給額は前年比0.7%増の36万1000円という予測。夏のボーナスとしては、3年ぶりに増加に転じる見込みだ。

となると、貯めこむだけではなく、たまには景気よく使いたい。ただし、ボーナスといえども、多くのサラリーマンにとって貴重な虎の子。買って失敗…とならないように、各ジャンルのプロたちに聞いた、最新のトレンドを紹介しよう。


■「白物家電」のトレンドは“高機能”プラス“時短”!

「一昨年の震災以降、省エネ志向の高まりから暑い夏にエアコンをつけず、熱中症になってしまう人も増えました。そうした背景を汲んで、今年は扇風機に“風量自動調節機能”がつくなど、安全をより意識した進化を遂げています。こうした“機能のバージョンアップ”に加え、たとえばドラム型洗濯機は、独自の振動制御システムで洗濯物の絡まりを少なくするなど、細かいですが“家事の時短”につながるアイテムが増えています」
(安蔵靖志さん/IT・家電ジャーナリスト)


■「ビジネスギア」のトレンドは“ユーザーファーストの機能性”

「従来の財布はブランド名が違うだけで形は大体同じ。でも、『ミニ長財布』(safuji)など最近の新しいブランドは、ユーザーが欲している機能を取り入れて進化している。『エアリーレザーシリーズ』(KNOX)のバッグも、現代のビジネスツールはほとんどが薄いもの、という事情にあわせて、もともとの状態は薄いけど、ものを入れるとふくらむ構造に。こうした配慮があると、使い勝手がいいですよね。ネームバリューのあるメーカーでも、今後はこういった進化が必要とされるようになるでしょう」
(納富康邦さん/フリーライター)


■「国内旅行」のトレンドは“ゆったり”とした“目的のある旅”

「今は、インターネットでいくらでも情報を収集できる時代。旅先からスマートフォンで情報や感想を共有できるので、アートや鉄道など、それぞれの目的を持って自分にあった旅スタイルを追求する人が増えているようです。また、目的地に“早く”“安く”到着するLCC(格安航空会社)が注目される一方で、クルーズや鉄道旅行のように“ゆっくりでもいいから、価値ある移動を楽しみたい”というトレンドもありますね」
(村田和子さん/旅行ジャーナリスト)


家電やビジネスギア、旅行といった定番の使い方のなかにも、その年ごとのトレンドはある。去年との違いに気をつけてみると、買い物や旅行をより楽しむことができそうだ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト