新感覚の創作餃子

餃子のデザート?どんなお味?

2013.07.08 MON


チョコバナナ、生クリーム、コーヒーゼリー…。クレープではない。これを包むのは何と餃子の皮なのだ。スイーツを餃子の皮で包むデザートギョーザ、通称「デザギョー」は、創作餃子のパイオニアとして知られる「餃子小舎」が考案したもの。話題作りのキワモノかと思いきや、客の評判は上々。一度食べるとやみつきになるとか。真意を確かめるべく、千葉県柏市にある同店を訪ねた。

まず驚かされるのが豊富なメニュー。モンブラン餃子、苺大福餃子、アップルパイ餃子、プリン・ア・ラ・餃子といったデザギョー以外にも、カルビ餃子、グラタン餃子、ピザ餃子、タンドリーチキン餃子、角煮餃子、うなぎ餃子、うに餃子などなど、数々の変わり種が揃っている。いったい何種類くらいあるのだろうか?

「60個くらいまでは数えてたんだけど、増えすぎて途中から数えるのをやめちゃったよ」とは女将さん。さすがにどれを選ぶか迷っていると、一番人気の「餃子パフェ(食後コーヒー付き)」800円と「アップルパイ餃子」6個550円を勧められた。

餃子パフェはタピオカ入りの夏らしいパフェにチョコバナナ餃子をトッピングしたもの。パリっと焼き目を付けた自家製の皮とチョコバナナは意外に相性がよく、普通のパフェにはないモチモチの食感が新鮮だ。一方、アップルパイ餃子はその名の通りアップルパイ入りの冒険的メニューだが、餃子の皮、サクサクのパイ生地、シャキシャキのリンゴが、三位一体の食感を生んでいて、これまた旨い。真ん中に添えられたバニラアイスがリンゴの酸味を中和するなど、大胆なアイデアと裏腹の繊細な演出も心憎い。

ちなみに、こうした創作餃子のほとんどはお客さんからの要望によって生まれたものだとか。テーブルアンケートを実施し、特に要望が多かったものを試作しているという。アンケートの一部を見ると「カクテル餃子」「タピオカ餃子」「ナタデココ餃子」「かき氷餃子」「カルボナーラ餃子」「たくあん餃子」「プロテイン餃子」など、なかなか挑戦的なメニューばかりだ。

ご主人によれば「もちろん一番大事なのは味。試作してお客さんに出せるレベルと判断したものだけを新メニューに採用しています」とのこと。採用への道は険しいが、新作餃子のアイデアは随時募集中。アナタのアイデアで、革命的な餃子が生まれるかも?
(榎並紀行)

※この記事は2011年08月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト