UFO型ツリーハウス、先史時代の洞窟…

泊まりたい!世界の究極ホテル5選

2013.07.18 THU


1. 「Treehotel」の“UFO”棟はロッヂ風の内装。2.「THE FARM」はワークショップが豊富。3. 「ENDEMICO」は、郷土料理を楽しめる。4. 5. 「SEXTANTIO~」の周辺には世界遺産の洞窟住居群が広がる。6. 「TIERRA~」は、乗馬や登山など全アクティビティが宿泊費に含まれる 画像提供/Chris Scott-Dixon、Tablet Hotels
非日常を味わえるのが旅の醍醐味だが、ポイントのひとつになるのがホテルだ。海外には、一生に一度は泊まってみたいロマン溢れるホテルも数多い。例えば、スウェーデンのツリーハウス・ホテル「Treehotel」もそのひとつ。宿泊客は、ラップランドの広大な森の中に建てられたUFO、ミラーキューブ等の6タイプの客室から、好きな棟に泊まれる。室内は、ネットも暖房も完備のモダンな仕様だ。

世界には、こうした奇想天外なホテルが実にたくさんある。そこで、ユニークで魅力的なホテルを予約できるサイト「Tablet Hotels」の諸星文香さんに話をうかがった。

「ダイナミックな地形を生かしたホテルが近年のトレンドです。例えばチリ南部、トーレス・デル・パイネ国立公園に建つ『TIERRA PATAGONIA HOTEL & SPA』は、花崗岩の山々をはじめ、パタゴニアを象徴する荒々しい自然と同化した建築が特徴。また、同じ南米でも趣が異なるのは、メキシコの『HOTEL ENDEMICO』です。ミニマムな20の立方体が山の中腹に並ぶ姿は、シンプルながらもモダンな印象を与えます。20平方メートルのコンパクト空間には心地よさが漂い、テラスからは、グアダルーペ渓谷の“絶景”パノラマが眼下に広がります」

また、建造物を改装したり、建材を再利用したエコ・コンシャスな宿も増えている。

「イタリア南部の、先史時代から人が住んでいたといわれる“洞窟住居”を改装した『SEXTANTIO LE GROTTE DELLA CIVITA』や、取り壊された古城の建築素材や家具を再利用したインドの『THE FARM』などがそうです。使いこまれた建材のあたたかみが漂います」

世界に点在する“究極”のホテル。いつか泊まれるその日まで、僕たちに夢とロマンを与えつづけてください!
(池尾 優)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト