秋のスマホ戦線は激戦の予感!?

最新スマホ『Optimus G』が登場!

2013.08.28 WED


無駄をそぎ落としたフラットなデザイン。カラーは、ブラックとレッドの2色で展開!
しはしばしばニュースになるAndroidスマホとiPhoneの勢力争いが、この秋はさらに盛り上がりそうな気配。というのも、9月以降に新型iPhoneの発表があるともっぱらウワサされているからだ。さて一方、Android陣営で「新型iPhoneの対抗馬」として注目を集めそうなのが、8月28日にドコモから発表になったばかりの秋発売モデル、LG Electoronics製『Optimus G』。「これまでにない新しい使い方ができそう」と思わせてくれる、実にワクワクするスペックのスマートフォンだ。
まず真っ先に目を引くのが、“できること”の多さ。たとえば、動画機能。再生中の動画をピンチアウトで拡大し、その拡大画面をキャプチャ、さらには画像の上に手書きメモを残すというPCでも難しい離れワザが『Optimus G』では可能。友達みんなを撮った動画のなかから、気になるあのコだけをズームアップして切り出す…なんてこともできて、動画を撮ったり観たりする楽しみは、これまで以上に大きく膨らみそうだ。

また、撮った写真や動画などを手元で再生し、同じ画面をHDMIケーブルやWi-Fi経由でテレビに映し出す…といった機能は、これまでのスマホにもあったが、『Optimus G』では、それがさらに進化。なんとテレビには動画やスライドを再生させながら、スマホ上ではウェブ検索やメモの閲覧など、まったく別の作業ができるという驚きの機能が備わっている。スクリーン上でスライドを映しつつ、手元のスマホではメモや他の資料を見ながら発表…といった使い方もできるので、ビジネスシーンでは、PCを使わず、スマホのみでのプレゼンも可能になるかも。
他にも、アイコンやサムネイル、メールのメッセージはピンチアウトで拡大できるのをはじめ、声でシャッターを切れるカメラ、ウェブサイトの画面をそのままコピペして“スクラップブック”のように使えるメモなど、スマホユーザーのかゆいところに手が届く様々な機能が充実しているのもうれしいポイントだ。

もちろん、1.5GhzクアッドコアのCPUや2GBのメモリに2210mAhという大容量バッテリー、1325万画素のカメラなど、LG Electronicsが抱える技術の粋を詰め込んだハードウェアは、スマホのヘビーユーザーにも納得できるハイスペックさ。加えて、防水性能やおサイフケータイ/FeliCa、ワンセグに赤外線通信、NOTTVなど、グローバル機種ながら、日本市場の独自性も意識した機能群もしっかり搭載されている。
ハイスペック、かつ「スマホでできること」の可能性を広げてくれそうな機能が充実した『Optimus G』は、たしかにAndroidスマホの最新鋭と呼ぶにふさわしい一台。この秋のスマホ戦線の本命ともいうべきこの機種には、ぜひ店頭で触れてみていただきたい。発売は10月を予定しているとのことなので、期待して待とう!

※この記事は2012年8月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト