話題の「ロゼッタストーン」初体験リポート

脱“言い訳”なるか!?自宅で英会話をやってみた

2013.09.15 SUN


日常のシーンで使う実践的なフレーズをレッスン。予約なしでネイティブ講師(左上)との生のやりとりが自宅でできるのは驚きです(夜中でもOK。なんでできるんだろう…)!
最近では英語を社内公用語にする企業が出てきたり、TOEICで一定以上のスコアをとっていることが転職・キャリアアップの必須条件になっていたりと、なにかと重要さを感じることが多い「英会話スキル」。でも大学卒業以降(いや、受験勉強以降かも…)、英語の勉強とはすっかりご無沙汰…という人も多いのでは? 「いつかやらなきゃいけない」と思いつつも、とりあえず“見て見ぬふり”状態。「忙しくてスクールには通えない」「そもそも人前で英語をしゃべるなんて恥ずかしい」など、自分の中で言い訳をしていたり…。

そんなボクらでも手軽に挑戦できるレッスンはないの? ということでCMでもおなじみの、自宅でできる英会話レッスン「ロゼッタストーン」にチャレンジしてみることに。なかでも、話すのが苦手な日本人のために開発されたという、ボクらにぴったりの新プログラム「ReFLEX」を発見。ん~、これならいけるかも。早速、ホームページ上からすぐにできる無料体験レッスン(約25分)にトライ! 

やや緊張しつつスタートしたところ、最初に行うのは「L」と「R」の音の聞き分けなどのトレーニング。うん、これは意外とスムーズにクリア。そして、ちょっとホッとしたところで、次は15分の日常会話のロールプレイングに突入。CGのカフェのシーンを見ながら、よく使うフレーズ(画面に文字が表示される)を実際にしゃべることに。こちらから「Hi!」と呼びかけ、店員さんとの会話がスタート。コーヒーを注文する時、カップのサイズを指定する時、お金を払う時…など、ささいなことだけど、いきなりだと頭に浮かんでこなそうなフレーズを、画面に向かって発声。

「I’d like a latte, please.(ラテをください)」…などなど、こちらのしゃべった言葉はスピーチ解析機能がチェック。正しく発音できているかを判定してくれます。OKが出ると、ホッとするとともに徐々に自信がわいてくる感じが。そして何回か繰り返していくと、フレーズがよりスムーズに発声できるように! 実際に声に出しているうちに、最初に感じていた恥ずかしさはかなり解消。自分の部屋でやっているから、たどたどしい発音でも気にならないわけです。

と、にわかに自信が出てきたところで(笑)、続いてはネイティブ講師と実際に会話をするコーナーへ。新たな緊張を感じていると、画面上に金髪のにこやかな女性が「Hello!」と登場。緊張しつつもこちらも「Hello!」と返し、名前などの自己紹介を。うむ、ここまでは問題なく伝わっている様子。そのまま、先ほどのカフェのシーンの会話を3回ほど講師とトレーニング(6、7分程度)。さすがに発音への不安を感じていたものの、いいタイミングで「Good job!」「Excellent!」と褒められてテンションもアップ。怒られることもなく(笑)、無事に進行。

途中、講師に「コーヒーは好き?」(もちろん英語で)と訪ねられることもあったが、しばらくやりとりをしていたためか、思った以上に緊張せず「Yes, I like coffee very much!」なんて返したり…。そんな感じでリラックスして会話を楽しみつつ、終了。

そんなあっという間のレッスンだったわけですが、驚きなのは、ネイティブ講師と直接会話ができるのに予約が不要だということ。いつでも空いた時間にレッスンを受けられるのは、ボクらにとっては何よりうれしいポイント。つまり「忙しいから英会話なんてできない」という言い訳も、もう通用しないってことですが(笑)。さらに、やってみて実感したのは、自宅でひとりでできることの気楽さ。これなら周囲にバレることなくコッソリと続けて、英会話スキルをUPさせるにはもってこい!

なんとこの「ReFLEX」、今ならweb R25読者限定価格で購入が可能に! まずは下記の「ロゼッタストーン」のサイトにアクセスしてみよう。

※この記事は2012年9月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト