ヘルメットや一升瓶を投げられた!?

彼女とのケンカで死を予感した瞬間

2013.09.12 THU


「モノを捨てられる」人は結構多く、本文中で紹介したゲーム機をはじめ、ケータイや財布、卒業アルバムなど様々な声が。なかには「大切な仕事の資料が入ったカバンを川に投げ捨てられ、必死で捜索。無事見つかったものの全身ずぶぬれになったせいで高熱をだし、1週間入院した」(26歳)と、二次被害を呼んでしまった人も… イラスト/スタジオ モーニートレイン
10月20日号の『R25』本誌で取りあげた「彼女ブチ切れエピソード」。 「ビンタされた」「小銭を投げられた」などなど、R25世代に聞いた様々な「キレた彼女から受けた被害」を紹介したけど…実はごく少数ながら、本誌には載せられなかったキワどい体験談があったんです。

というわけで今回は「彼女ブチ切れエピソード・ヘビー級編」ご覧いただきましょう。 まずは「モノを投げられた」ケースから。本誌では、大多数の意見として「枕」や「ぬいぐるみ」など、比較的ライトなモノを投げられていると紹介しました。しかし少数派のなかでは「ヘルメットが肩に直撃!」(30歳)、「一升瓶を投げられ足の指を強打」(23歳)、「でっかい花瓶を足もとに叩きつけられた!」(26歳)と、鈍器が飛ぶ飛ぶ!

また「テレビに出てた女優を見て『かわいい』と言ったら、背後からカミソリを首にあてられた」(31歳)、「別れ話の途中、包丁で威嚇され部屋の隅に追いつめられた」(33歳)と、刃物を持ち出されるケースまで! とくに後者の「包丁で威嚇された」人は、「追いつめられたとき『別れられるなら、いっそのこと刺されようかな』と一瞬でも考えた自分が恐い」と、背筋も凍るようなコメントをぽつり…。

ちなみに「キレた彼女から暴力をふるわれた経験がある」という男性に「怪我をしたことがあるか」と聞いたところ、なんと47%もの人が負傷経験ありと回答! うち、流血した人は最も多く26%、次いで打撲が24%(首都圏、愛知県、大阪府の25~34歳の男性会社員100名にネット調査、複数回答)。け、結構多いな…(ガクブル)。

そして怪我以外の被害では「真冬のベランダにしめ出され、一夜明かすハメになった」(27歳)、「6時間正座したまま延々と謝り続けた」(34歳)、「ホテルに無理矢理監禁され、彼女と彼女の友だち数人から罵声を浴びせられた」(26歳)と、拷問級の仕打ちも! さらに「『ゲームばっかりすんな!』と窓からゲーム機を放り投げられた」(29歳)など、私物を捨てられるパターンも見られました。

被害を受けた後は「そのまま別れた」「彼女の親まで出てくるややこしい事態になった」など、円満解決できない人が多いのも今回のケースの特長といえるのかも。

…とまぁ、恐怖に震えながら紹介したヘビー級エピソード。いかがでしたか? あくまでもごく少数の声ではあるけど、あなたの周りにも修羅と化す女性いるかもね…。みなさーん! くれぐれもご注意を!

※この記事は2011年11月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト