思わず欲しくなるグッズ!

自分の耳の穴が見える耳かき

2013.09.24 TUE


サイズは、本体握り部が41mm×120mm×143mm耳かきの幅は3mm、コード長さは57cm。本体の重さは180g
ビジネスマンたるもの、耳に入ってくる情報はもらさずとらえておきたい…。ということで、今回紹介するのは耳かきです。もちろん、そんじょそこらの耳かきとはひと味違います。なんと、耳穴のなかをのぞきながら掃除ができるその名も『イヤスコープ13000画素』。簡単に説明すると、内視鏡機能が付いた耳かきです。

使い方はいたってシンプル。本体のスイッチをONにすると耳かき先端が発光するので、つまみを回して照度を調整し耳穴のなかを照らします。あとはファインダーをのぞきながら、ピンポイントで耳垢を除去すればOK。ファインダーに映る画像は5倍に拡大されているうえ、商品名にもあるように、使用しているイメージングファイバーは1万3000画素の高解像度なので、大きくクリアに見えるのがポイント。実は、製造元のコデンは、工業用の内視鏡も製造している会社なんです。

耳かきは、耳内部を痛めにくいアクリル製。Sサイズのほかに、オプションとして一回り大きいLサイズも販売。また、耳かき部分は耳穴内部を鮮明に見ることができるライトガイドにも付け替えが可能。ライトガイドは、耳掃除あとのチェックにぴったりです。ほかにも、オプションで粘着式耳かき棒も販売。先端が粘着式になっているので乾燥した耳垢もきれいに安全に取ることができます。

ちなみに、持ち手部分の柄は、スタイリッシュなシャンパンゴールドと和風な松葉柄の2種類。特に松葉は、枯れて落ちても2本が一対になったままの状態でいることから、「どんなことがあってもあなたと私は一緒です」という意味合いがあり、とても縁起の良い柄とされているのだとか。ぜひ彼女に耳かきしてもらうときに使ってほしいものです。あ、でも自分で耳穴をのぞけるなら、他人に耳かきしてもらう必要はないか…。

耳垢の除去にはもちろんのこと、実際に耳垢の有無を確認できるので、つい「まだ耳垢が残っているのではないか」と思い、耳かきをしすぎてしまう人にもオススメですよ。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト