「30日間健康チャレンジ」 スタート

運動嫌いのためのカロリー消費のコツ

2013.10.18 FRI


ランチは大盛り、飲み会は断らない! カロリーを気にせず、ワイルドに過ごした20代の生活のツケが回ってきたのか、30代に入って体形も体重も我ながら残念なことになってきた。でも運動する時間はないし、面倒くさい…。そんな根性なしのR25記者Mに絶好の機会が! 働く30代のカロリー消費をサポートするイベント“アクエリアス ゼロ×タニタ 30日間 健康チャレンジ”に参加することになったのだ。ということで、10月14日(体育の日)に開催されたキックオフイベントへ!

「今日から痩せるぞー!」と意気込みながら、タクシーで向かったのは「丸の内タニタ食堂」。体組成計などで知られるタニタと、日本コカ・コーラのカロリーゼロ飲料「アクエリアス ゼロ」がタッグを組んだ心強いイベントが今日から始まるのだ! 会場に到着すると、まずは今の自分のカラダを知るための計測からスタート。なんと数百万円もするというタニタのプロフェッショナル仕様の体組成計に乗ると、体重、体脂肪率はもちろん、メタボの基準値にもなる内臓脂肪レベルやBMI(体格指数)、基礎代謝量、さらには部位ごとの筋肉の付き方などをわずか30秒ほどで計測。す、すごい!

プリントアウトされた、自分のカラダの状態をチェックしてみたところ、数年前は50kg台だった体重が60kg台に、さらにBMIは標準範囲ギリギリなど、様々なガッカリポイントが。やっぱり、確実に太っている…。タニタヘルスリンクの管理栄養士・健康運動指導士の龍口知子さんによると…

「基礎代謝は18歳頃にピークを迎えます。以降は年齢とともに下がるので、若い時と同じ生活を続けていると、いつの間にか肥満になってしまうというケースも」とのこと。さらに「基本的には、摂取カロリーと消費カロリーが同じなら体重は増えません。脂肪1kg落とすには約7200kcalの消費が必要なので、1日に240kcal分の運動を増やすだけで、1カ月で1kgの脂肪を落とすことが可能です。日常生活の中に、少しずつ運動を増やしてみましょう」とも。確かに、今日も会場まで徒歩と電車でくればもっとカロリーを消費できたはず…(反省)。では、日常生活の中ですぐできるのはどんなこと?

「ライフスタイルを変えずに消費カロリーを増やす方法としてオススメなのが、階段の利用です。階段の上り下りは、運動としてハードなものなので、短時間で多くの筋肉を使うことができます。また時間がある時には、目的のひと駅前で降りて歩くのもオススメですよ。通勤や仕事中など、いつもの生活の中での消費カロリーを把握して、無理せず少しずつ運動を増やしていくことが続けるコツです」(龍口さん)

今回のイベントでは、参加者をライフスタイル別に28のタイプに分け、タイプごとに日常生活の中でできるオススメの運動方法や食事の摂り方、さらには目指す消費カロリーなどをアドバイス。ちなみにボクの診断結果は、30代オトコに多い(らしい)「ちょっぴり過食な運動怠けタイプ」。ドンピシャな感じです…。でもチャレンジ内容は、食事制限や禁酒を強いられると思っていたものの、かなりゆるめでやさしいものでひと安心。これぐらいのチャレンジなら、無理せずできそうだ。そのほか「食べ過ぎデスクワークタイプ」「平日飲み過ぎビジネスマンタイプ」などが多いそうで、イベントに参加したみなさんも、自分の診断結果に興味津々の様子だった。

また、スペシャルゲストとして登場した品川庄司の2人にも診断結果が発表され、アイスが大好物という品川さんは「お酒とお菓子に目がない運動好きタイプ」、庄司さんは「大食いアスリートタイプ」。健康・運動がテーマとあり調子よくトークする庄司さんに、品川さんからは「いつもよりじょう舌だからって、ボケでは笑いが取れてないからな。お前のボケの調子はいつもどおりだ(笑)」とキレのあるツッコミも。

そんな2人には龍口さんが「食べ物で摂取するカロリーを気にしても、飲み物に無頓着な方が多いです。せっかく運動量を増やしたのに、その後のドリンクで消費した以上のカロリーを摂ってしまう場合も。ドリンクのカロリーチェックもきちんと行いましょう」と、忘れがちな飲み物選びの重要性を紹介。確かに、コツコツ増やした消費カロリーは大事にしたい!

そこでオススメなのが、今回のイベントでも提供されたドリンク「アクエリアス ゼロ」だ。運動時にゴクゴク飲める甘さ控えめのスッキリテイストは、食事にもぴったり! ゼロカロリーで、このおいしさは驚き。さらに燃焼系のカルニチンも配合されているから、これから続く30日間チャレンジには欠かせないドリンクといえる。

そんな「アクエリアス ゼロ」を片手に、日常生活の中で今まで以上のカロリー消費を目指すこのチャレンジ。今後も具体的な運動法や途中経過をレポートしていきます!

  • 自分のカラダがまるわかりに…(涙)

    タニタの超高級(ウン百万円!)プロフェッショナル仕様の体組成計で自分のカラダを計測。体重は61.5kg、BMI値は22.9、体脂肪率は17.4%。どれも標準値内だが、20代の頃(5年前)に比べるとかなり増えたなぁ。“カモシカ”と呼ばれたあの頃に戻りたい…。いや戻るのだ!
  • 運動をムダにしないなら「ゼロカロリー」で!

    早速、カロリーゼロのドリンク「アクエリアス ゼロ」をゴクリ。普段から愛飲している品川さんも「甘すぎずサッパリしているけど、味はしっかり。1日3本は飲んでいます」という通りの満足テイストだ。運動後の水分補給もできるこの1本で、せっかく消費したカロリーをムダにしないぜ!
  • 消費カロリーチェックの秘密兵器だ!

    今回のチャレンジでは、タニタの活動量計「カロリズムエキスパート」で毎日の消費カロリーをチェックしていく。安静時代謝を含めたあらゆる消費カロリーが把握できるのだ。ちなみに会場での約5分の軽い運動で15kcal消費!
  • 続けられる目標を立てよう!

    でかい目標を立てると、いつも三日坊主になるもの(ボクはいつもそう)。そこでこの30日間の目標はズバリ「1日10分多く歩く!」(ドヤ顔で)。簡単そうでも毎日続けるのは大変。早速この日の帰りはひと駅手前で降り、アクエリアス ゼロを飲みながら、いつもより15分多く歩きました。
  • さあキミも「健康チャレンジ」しよう!

    「アクエリアス ゼロ×タニタ 30日間健康チャレンジ」公式サイトでは、簡単なアンケートに答えるだけで、自分のタイプを診断してオススメの運動&食事法を教えてくれるコンテンツや、挑戦者たちの経過が分かるコンテンツなどが盛りだくさん。抽選でアクエリアス ゼロと活動量計カロリズムエキスパートがセットで当たるプレゼントも!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト