カロリーオフで満足の一杯

残業のお供の新定番“カップ鍋”!

2013.11.04 MON


年末に向けて忙しくなる秋。ついつい仕事が長引いて、残業中にお腹がグ〜。小腹を満たそうにも、お菓子ではあまりお腹の足しにならないし、かといってガッツリ食べるほどでもない。ボリューム的にはカップ麺くらいがちょうどいいけど、カロリーを考えるとちょっと避けたいところ…。そんな悩めるアナタに朗報。このたび、なんともお手軽&ヘルシーに空腹を満たしてくれる、カップ麺ならぬ「カップ鍋」が登場した。

11月5日、アサヒフードアンドヘルスケアの『おどろき野菜』シリーズから、期間限定で発売された、『おどろき野菜PREMIUM 味噌ちゃんこ』と『おどろき野菜PREMIUM 鶏ごま鍋』は、その名の通り「鍋」を再現したカップスープだ。

実はこちら、アサヒフードアンドヘルスケアと飲食店情報検索サイト「ぐるなび」の協業商品で、「ぐるなび」がカップスープの開発に協力するのは今回が初めて。「ぐるなび」関東版 検索ワードランキング1位(2011年11~12月)の「鍋」に注目して開発された。「ぐるなび」に加盟する多数の飲食店の中でも、鍋を看板メニューとする5店舗のシェフが開発に協力。具材の種類や量、スープの種類、味付けなど、細部まで吟味して仕上げている。それだけに味の完成度は折り紙付きだ。

例えば『おどろき野菜PREMIUM 味噌ちゃんこ』は、「ちゃんこ鍋特有のまろやかな味わい」を徹底追求。酒かすパウダーを隠し味に加えることで、コク深くマイルドな後味を実現した。一方、『おどろき野菜PREMIUM 鶏ごま鍋』は、粗挽きねりゴマ、すりゴマ、いりゴマと、粒度の異なる3種類のゴマを組み合わせて使用。ゴマ特有の力強く芳醇な香りと、濃厚な味わいがたまらない。

ともに、白菜やチンゲン菜、キャベツ、ネギなど、野菜たっぷり。食物繊維が豊富な春雨と肉そぼろも入っていて食べ応え十分。それでいて、『おどろき野菜PREMIUM 味噌ちゃんこ』は1食105kcal、『おどろき野菜PREMIUM 鶏ごま鍋』は1食134kcalと、超低カロリーなのがありがたい。これなら残業のお供はもちろん、遅く帰宅した日の夜食にもうってつけだ。

そして嬉しいのは、なんといっても手軽なこと。カップ鍋は、仕事の合間にサッとお湯を注いでサクッと食べられる。温かいスープが、疲れたカラダを一瞬で解きほぐし、ほっこり癒してくれるはず。日に日に寒さが募る季節、不意の残業に備えて、オフィスに常備しておくとよいかも。

※この記事は2012年11月に取材・掲載した記事です

  • 『おどろき野菜PREMIUM 味噌ちゃんこ』
    ポークとチキンをベースに野菜・魚介・椎茸などのエキスを加え、9種類の具材からでるうまみと酒かすパウダーを利かせたまろやかな味噌スープ。具材は葉野菜(白菜、チンゲン菜、キャベツ)、ねぎ、ごぼう、椎茸、油揚げ、花形カマボコ、味付肉そぼろの9種類。105kcal

    『おどろき野菜PREMIUM 鶏ごま鍋』
    チキンをベースにホタテ・昆布エキス、香辛野菜を加え、たっぷりの粗挽きねりゴマ、すりゴマ、いりゴマでゴマの香りを引き出した濃厚な鶏白湯スープ。具材はボリューム感のある葉野菜(白菜、チンゲン菜、キャベツ)とねぎ、油揚げ、味付鶏そぼろの6種類。134kcal

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト