家事イケメンのトリセツ

夫婦の家事分担。その真実を見た!

2013.11.28 THU

家事イケメンの トリセツ > 家事イケメンのトリセツ


同棲中は手伝ってくれるけれど、子どもができたら手伝ってくれない家事のトップは「洗濯物を畳む、片付ける」。同棲では68.5%の男性が手伝ってくれるが、子どもができるとその割合は42.7%に低下。ちなみに、「食器を下げる」では、同棲でも子どもありでも、85%以上の男性が手伝っている

男は結婚して子どもができると、家事を手伝わなくなる!?



一人暮しの独身男性に最も多かったのは、「休日のみ(週1回程度)」の28.0%、続いて「休日とたまに平日」の23.2%。個人的に最も多いと思っていた、「1カ月に1回程度」は13.4%と少数派だった。男の部屋が汚いのは過去の話。最近の男子は、とてもきれい好きのようだ。

意外だったのは、「掃除をほとんどしない」と回答した男性の割合。独身1人暮らしでは12.2%だったのが、同棲を始めると9.3%に低下。しかし、結婚すると19.5%に増えて、さらに子どもが生まれると26.8%に上昇。なんと、結婚して子どもができると、4人にひとりは掃除を全くしないという結果に。なんだか、時が経つにつれて、段々とグウタラになり、気がつけばパートナーに任せっきりといった様子が目に浮かぶ。

ここは、男の名誉のためにアンケートを継続し、どのような家事を手伝っているかを調査。「掃除機がけ」、「平日の料理」、「休日の料理」、「食器洗い」、「食器を下げる」、「洗濯」「洗濯物を畳む、片付ける」、「アイロンがけ」、「トイレ掃除」「風呂掃除」、「ゴミ捨て」、「買い出し」の12項目について尋ねてみた。きっと、掃除以外の家事は、子どもができても手伝っている…はず。
男から見ても、「男性も家事を手伝ってます!」と胸を張れる割合ではないような…。しかも、各々の家事に対して、女性に「男性が手伝ってくれているか」を尋ねたところ、「トイレ掃除」は8.0%、「食器洗い」は4.4%と驚きの落差が…。これって。男性が手伝ってるつもりになってるだけ?
結論からいえば、世の奥様方、すみません。この12項目のほとんどにおいて、同棲、結婚、子どもの誕生と順を追う毎に、「掃除の回数」同様に、男性が家事を手伝う比率は少なくなっていたのだ。

そこで、女性に対して、「パートナーとの家事分担について、不満を感じたことはありますか」と質問。すると、男性が家事を手伝う比率と比例するように、同棲、結婚、子どもの誕生と順を追う毎に、「かなりある」の回答が上昇した。同棲の場合、「(不満が)かなりある・少しある」が34.7%だったのに対して、子ども有りの場合は65.3%と、倍近くに。こういったことが積もり積もって、家庭内不和の原因になってしまうのかもしれない。

「そんなこといっても、仕事が忙しいんだよ」とお思いの男性諸兄。わかりますよ。でもね、女性に「パートナーに受け持って欲しい理想的な家事の割合はどのくらいですか?」と質問したところ、

5割 29.3%
3割 21.3%
2割 16.4%
4割 8.9%
1割 6.7%

という回答に。最も多いのは家事分担50:50だが、44.4%は1〜3割くらい手伝ってくれればいいと思っているのも事実なのだ。ちなみに、「時々でも男性に行なってもらえると嬉しい家事」を尋ねたところ、ベスト5は、

1位 ゴミ捨て 36.4%
2位 風呂掃除 31.6%
3位 料理作り 28.9%
4位 食器洗い 25.3%
5位 エアコンの掃除 17.3%
5位 日曜大工・修理など 17.3%

との回答。このなかのいくつかは、すぐに手伝えそうじゃない? 最近、家事をサボり気味のあなた。大掃除まで待たずに、今日から家事分担を始めてはどうですか。
※20〜39歳までの男女600人によるアンケート調査。(アイリサーチ調べ)

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト