二十歳からの宅飲み講座

成人の日を甘い思い出にする方法

2014.01.07 TUE

二十歳からの宅飲み講座


新成人の祝杯には、「ほろよい<練乳いちごサワー>」をお試しあれ!

若者に好評を博したあの限定テイストが再び登場!



オトナへの仲間入りを、多くの友達とともに祝うのが成人式の醍醐味。そして、オトナになった仲間たちが集まったら、試してみたいのが、お酒のあるコミュニケーション。これまでに色々なコトを語り合い、すでに気が置けない間柄であっても、“飲み会”を通してなら、相手の意外な一面を発見できたりと、さらにお互いの絆が深まるかも。メンバー内に気になる女子がいるというアナタは、成人祝いの“飲み会”をきっかけに、相手との距離を縮めるチャンスかもしれません!

さて、そんな成人のお祝いには“宅飲み”がオススメ。場所や時間を気にせず、自分のペースでゆっくり楽しめる“宅飲み”は、お酒ビギナーにもぴったりです。そんな“宅飲み”のお供となるお酒には、少し年上の先輩たちから人気の「ほろよい」を選べば、間違いはなさそう。「ほろよい」は、20代を中心に支持されている缶チューハイ。その理由は、乳酸菌飲料風味が懐かしい「白いサワー」や、果実の甘い香りが楽しめる「ぶどうサワー」や「もも」、さっぱりテイストの「レモンジンジャー」やスッキリ爽やかな「アイスティーサワー」など、様々なテイストがラインナップされていること。アルコール3%の心地よく、やさしい飲み口も支持され、彼らの“宅飲み”の定番となっているお酒です。
そんな「ほろよい」のバリエーションに期間限定で加わったのが「練乳いちごサワー」。練乳の甘さといちごの甘酸っぱさが相まった新しいテイストでありながら、かつて口にしたことがあるような、どこか懐かしさもある味わいが特長的! 昨年の販売以降、大好評を博し、今年も昨年と同じタイミングで限定発売することが決まったのだとか!

淡いピンクを基調にしたパッケージデザインは、お祝いムードにもぴったり。かつてお酒ビギナーだった先輩世代のハートをがっちりつかんできた「ほろよい」の限定テイストとあれば、新成人も安心して試すことができそう! もちろん、今や成人を祝う側となった現役「ほろよい」ファンの人たちにも、楽しんでもらいたいお酒です!

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。 サントリー酒類株式会社

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト