澄みきりの新CMにホームラン王が登場!

60本塁打バレンティンがCM初出演!

2013.11.27 WED


11月22日からオンエアされている「キリン 澄みきり」の新CMに、東京ヤクルトスワローズのバレンティンが起用された。バレンティンといえば、60本というシーズン最多本塁打のプロ野球新記録を樹立し、今シーズンのセ・リーグMVPにも選ばれた実力派! 実は、彼のCM起用が決まったのも、ここに理由がある。

今回のCMは、豊川悦司演じる“澄みきり武将”が、悩める人の気持ちを晴らす格言シリーズの第5弾。今年を象徴する人ということで、年末篇のスペシャルゲストとしてバレンティンが選ばれた。セ・リーグのホームラン王かつMVPに輝くとともに、王貞治の記録を49年ぶりに塗り替えるなど、バレンティンは、まさに2013年を代表する人と言えるだろう。

CM撮影の際、すでに休暇に入っていたバレンティン。撮影班は、CM初出演のバレンティンが「とても楽しみにしている」と聞きつつ、はるばるアメリカはL.A.へ! 実際に姿を現したバレンティンは、ホームラン王にもかかわらず、おごることのない紳士ぶりと誠実さを見せてくれたそう。スタッフとも打ちとけて、現場には和やかで楽しい空気が流れていたという。

ちなみに、“澄みきり武将”がバレンティンに投げかけた格言は、「本当の敵は、目の前にはいない。一番手強い敵は、結局、いつだって自分だ」。この格言を受けて、バレンティン自身も「I wanna break my own record」と語っている。訳すなら「自分の記録を破るのは、自分でありたい」というところだろうか。カッコイイ!

さらに、この「澄みきり」とバレンティンには、いくつもの共通点がある。まずは、双方ともに今年、大記録を達成していること。「澄みきり」は今年5月の発売以降、わずか半年で、販売数量1億5000万本(11月27日現在)、バレンティンはもちろん前人未到のホームラン記録だ。

さらには、それを下支えしている“高い志”。手頃な新ジャンルだからこそ、心から満足できる一杯にこだわったという「澄みきり」は、キリンがこれまでビールづくりで培ってきた技術を余すことなく注ぎ込んだ結果、高い完成度を実現している。また、「チームの勝利、自分の役割」を強く意識するバレンティンが、打率を高めるコンパクトなバッティングフォームを確立するにも、かなりの練習量、そしてファンの応援があってこそ“確固たる自信”をもって記録の達成につながっているのだろう。

今の記録に満足せず、さらなる高みへ挑戦し続けるバレンティンと「澄みきり」。両者の2014年の活躍に期待したい。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト