旅行先や帰省先で注目したい!

“ご当地寿司”ってどんなのがある

2014.01.01 WED


ひと口に「細工寿司」といっても、バリエーションは様々。サーモンを花びらに見立ててバラの花のように表現した、美しいものも存在する
お正月には実家に帰省して、おせちのほか、その土地ならではの郷土料理を食べる人も多いでしょう。ならば、日本に古くから定着しているお寿司にも、地域により独自の発展を遂げた “ご当地寿司”があるのでは? 全国に展開している某有名回転寿司チェーンの広報の方に、どんなものがあるのか聞いてみた。

「千葉県では、『細工寿司』という太巻き寿司があります。太巻きを切った断面に、タクアン、ニンジン、キュウリなど様々な食材を配置して絵柄を表現したものです。熟練した職人なら、アニメのキャラクターのように複雑な絵柄を再現することもできますよ」

細工寿司が生まれた背景の一つには、こんな説が。寿司のネタが漁の成果に左右されて、安定供給できなかった昔。魚のネタがないなか、職人がなんとかお客さんを満足させるため、ほかの食材を使ってビジュアルだけでも豪華にするべく編み出し、その後改良が加えられていったとか。確かにうなずける話だ。

「そのほか滋賀県では、特産品のフナ丸ごと1匹を使った『鮒寿司』が有名です。これは『なれ寿司』と呼ばれるものの一種で、主に川魚を使い、内臓を取り除いた体内に塩とご飯を一緒に詰め込み、数カ月から数年という長い期間にわたり漬けることで、発酵させたもの。それを輪切りにして食べます。ご飯は形がなくなるまでドロドロになり、独特のニオイがありますが、うまみが凝縮しているので愛好家も多くいるようです。フナのほか、アユやサンマなどを使う地域もあるようですね」

鮒寿司、興味はあるけどニオイがキツいとなると口にするには勇気が……。ほかにはどんなご当地寿司が?

「東京都の伊豆諸島にある八丈島では、かつてわさびが手に入らなかったことから生まれた、黄色い和からしを使った『島寿司』が有名です。しょう油で漬けたものもあり、その色から『べっこう寿司』と呼ばれることもありますよ。また高知県では古くから、ユズなど柑橘類が持つ果汁の酸味が、酢の代用にされてきました。ユズの風味が効いた寿司のご飯は、香りが高くておいしいですよ」

日本に古くから親しまれてきた寿司は、それぞれの土地ならではの事情で、オリジナリティが育まれてきたものがあることが分かった。もちろんここに紹介したのは一例で、各地でいろいろなご当地寿司が食べられるはず。旅行や出張で日本の各地を訪れた際には、その土地ならではの寿司を堪能してみるのがいいかも。
(伊藤 裕/GRINGO&Co.)

※この記事は2012年01月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト