接客業で社会人マナーを身につけると高評価?

「就活に役立つバイト」TOP3

2014.03.10 MON


接客業ではお客さんだけでなく、上司、同僚、後輩と接する機会も多く、コミュニケーション力が身に付く 撮影協力/麺創 玄古 御苑店
ニュースでよく聞く就活生の苦労話。進学したは良いけれど、早くも就職活動への不安を感じている新入生も多いのでは? そこでオススメなのが、お金も稼げて就活にも役立つ“一石二鳥”のバイト。

「“就活の役に立った”という声が一番多いのは接客業」と教えてくれたのは、求人情報サービス「an」編集長の田島眞里さん。

「敬語を自然に使えるようになるなど、社会人としてのマナーを身に付けられるのがポイント。実際に採用担当者からも、飲食チェーンのバイト経験者はマナーがよくハキハキ話す人が多い、など評価が高いようです」(田島さん)

ちなみに、同社が就活生に行ったアンケートによると、「就活に役立ったバイト」のトップ3は、飲食店、コンビニ、家庭教師という結果に。とはいえ、最も大切なのは「どんなバイトをしたかではなく、そこで何を学んだかを自分の言葉で語れること」(田島さん)とも。

それでは、バイト先の選び方として、将来つきたい仕事から逆算して、同じ業界でバイトを経験することはアピールポイントになるのだろうか? 就職情報サイト「リクナビ」編集長の岡崎仁美さんは、「その業界を知り、そこで働く人や仕事内容をリアルに感じられる点がメリット」と語る。つまり、同業界のバイトがみつかれば、就活もラクに乗り切れる……!? 「そうとも言えません。面接時に何をしたかだけを話しても担当者の気持ちは掴めません。なぜそれに取り組んだか、その結果何を得て何をしたいと考えているのかを話すことで、本人の人となりや今後の可能性が伝わりやすくなると思います」(岡崎さん)とのこと。さまざまな業界経験ができるのがバイトの魅力。取り組む姿勢によって、就活でのアピールポイントが増えることは間違いない。興味のあるバイトには積極的にチャレンジしてみよう!
(赤木一之/H14)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト