チケット代、マラソン中のケガ…

身近なリスクを補償!ユニーク保険

2014.02.06 THU


降りかかってくる可能性のある災難は、人それぞれ違うもの。ライフスタイルに合わせた保険を選びたい イラスト/沼田 健
リスクに備えて加入する保険。病気や老後のために入るものが一般的だが、昨今、様々なリスクに対応する“変わりダネ”保険があることをご存じだろうか? より身近な日常的リスクを回避するための保険を紹介しよう。

まずは「チケットガード少額短期保険」。本人や家族の病気・ケガ、交通遅延、急な出張などで行けなかったイベントのチケット代を補償してくれる。保険料の目安は、チケット代が5000円なら550円、7000円で670円と1割程度だが、2万円で1440円、5万円で3220円と高価なチケットほど割安になる。

「チケットガードは2007年から欧米で発売され、人気となった保険です。お客様の利便性を高めるため、チケットぴあと共同で国内販売を開始しました。日本ではチケット購入後のキャンセルは不可という商慣習があり、行きたいけれど予定がわからず、高額チケットを買い控えていた方も多かったようで、そういった方々の購入促進にもつながっています」(チケットガード少額短期保険・経営企画部の秋山由美さん)

“急な出張”で対象となるのは宿泊出張などを含む場合のみだが、高額なチケットを購入する際には安心できるだろう。

また、スポーツ好きにおすすめの保険も。Yahoo!プレミアム会員専用保険の「ちょこっと保険 ジョギング・マラソンプラン」は、月額480円からジョギング・マラソン中のケガによる通院や入院、後遺症などを補償してくれる。観るのが好きな人には月額350円からの「スポーツ観戦プラン」。観戦時に盛り上がりすぎてケガをしたときの治療費や、落として壊したデジカメの修理費用などを補償してもらえるのだ。

ひったくりやストーカー被害の補償が充実した女性専用保険「安心レディー」などは彼女に紹介してあげるとよさそう。日々の暮らしで不安があるなら、まず保険がないか調べてみては?
(菅原さくら/アバンギャルド)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト