六本木に快眠ステーション登場!

オリンピック代表選手も愛用の「エアウィーヴ」に迫る!

2014.02.06 THU


ソチオリンピック日本代表選手への応援メッセージを書き込める。よくみてみると、北島選手や浅田舞さんからもメッセージが!
ソチオリンピックで活躍が期待される浅田真央選手や高梨沙羅選手を筆頭に、日本代表選手が愛用している快眠グッズがあることをご存知だろうか。その快適さから、JAL国際線新ビジネスクラスにも採用された高反発マットレスのエアウィーヴ。ウィーヴ(weave)とは編むという意味で、空気を編み込むような独自の製法と、腰など体圧がかかる部分を高反発にすることで、睡眠中の身体の沈みこみを矯正し、寝返りがうちやすいというマットレスパッドなのだ。

六本木ヒルズのヒルズカフェで2月17日まで行われている「エアウィーヴ快眠ステーション」にお邪魔して、エアウィーヴの高岡社長にお話を伺った。

「本当に良いものしか使いたくないというアスリートの皆さんの気持ちに応えたくて、製品の改良を重ねてきました。今回のソチオリンピックでは、選手の皆さんに4種類の特殊仕様を実際に試してもらい、選手個人の好みのタイプを提供しています。」と熱く語る高岡社長。

日本代表選手と各国の選手同士の交流の中で、口コミで評判が広がり、海外の選手にもエアウィーヴの愛用者がいるとか。「日本を代表する寝具専門企業として、グローバルレベルで睡眠環境を整えることが使命だと思います」という力強いメッセージも。

そんなエアウィーヴを体験できるエアウィーヴ快眠ステーションは2月17日までの期間限定オープン。JOC公式スポンサーの同社だけに、店内には選手へのメッセージボードや、選手団に提供しているエアウィーヴの展示・体験スペースもある。日本代表はもちろん、ソチで活躍する各国の選手の睡眠をサポートするエアウィーヴ、あなたも体験してみては?

  • 「エアウィーヴはアスリートの魂は買いません」と、アスリートと真剣に向き合う高岡社長。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト