“シェービング”のお悩み解決塾

第2回 トラブルの原因はコレ!? シェーバーの長持ち度調査

2014.03.06 THU

“シェービング”のお悩み解決塾


みんなのシェーバーの「刃の切れ味」はあまり長続きしない様子…。なんと8割もが悩んでいるポイントだけに、これは放っておいてはいけない! シェーバーの見直しも検討してみては?

「もっと刃が長持ちしてほしい!」…切れ味の落ちないシェーバーがあった!



ビジネスマンの日課ともいえるシェービング。清潔なルックスづくりに欠かせないことだけに、そこで重要になってくるのがシェーバーの「剃れ味(どれくらい剃れるか)」だ。みんなの使っているシェーバーはどう? ビジネスマンたちに「今使っているシェーバーの剃れ味に満足しているか?」を聞いてみた(※)。
(※全国の25~34歳の男性会社員100人へのインターネットアンケート調査結果/2014年1月実施/webR25調べ)

すると「しっかり剃れている(満足している)」という回答は、4人に1人(25%)にとどまった。「ややヒゲが残る感じがする」(69%)、「かなりヒゲが残る感じがする」(6%)と、多くが自分のシェーバーに満足できていない様子。

この「シェーバーの剃れ味」を決める大きなポイントは、当然「刃の切れ味」だ。でも、おそらく誰もが経験しているように、シェーバーの刃は使うほどに切れ味が落ちるもの。そう、剃れ具合への不満は、そんな「刃の切れ味の低下」も大きな要因といえるのではないだろうか。実際「今使っているシェーバーの切れ味(刃)の長持ち度は?」の質問には、「すぐ刃がダメになる」という回答が31%も! さらに「もう少し長持ちしてほしい」という人も約半数(49%)。なんと全体の8割が「刃の長持ち度」に不満を抱えていたのだ。購入時点から少し経つと、切れ味は落ちて当たり前…と諦めていないだろうか?

刃の切れ味=剃れ味が長持ちしないと、シェービングに時間がかかるようになったり、キレイに剃ろうと何度も肌をこすってしまい、肌荒れを起こしてしまったり…と、多くのマイナスを引き起こす。特に忙しい朝のシェービングに時間がかかってしまうと、遅刻のおそれがあるだけでなく、朝イチからイライラして気分もダウンしたり…。「シェービングにかける時間をもっと短縮したい」という回答が約8割(76%)という結果を見ても、シェービングの時短も、ボクらの重要な課題であることが分かる。これは早急に解消しておきたい!
フィリップスの「回転式」シェーバーだけの機能である「自動研磨」システムにより、2年経っても切れ味が持続。メンテナンスフリーだからお手軽&リーズナブル。そして肌へのやさしさも続く!(写真はアクアタッチ「AT926」)
ということで「刃の切れ味が長続きする」オススメの電気シェーバーをご紹介しよう。それがフィリップスの「回転式」電気シェーバー、アクアタッチ「AT926」だ。刃が一方向に動く「回転式」ならではの「自動研磨」システムにより、使う度に自動的に刃が研がれるため、メンテナンスをしなくても刃の切れ味が常によい状態にキープされるのだ。切れ味が悪くなって肌を傷めたり、剃るのに時間がかかったり…なんてお悩みはこれで解消! こまめに刃の交換をする必要もないので、おサイフにやさしいのも重要なポイントだ。そのほか、お風呂シェーブ対応、刃が肌に直接当たらない「スーパーリフト&カット」システムなど、うれしい&やさしい機能が満載。さあ、今すぐチェックを! みんなの多くが抱える「シェーバーの刃の切れ味が長続きしない…」という悩み。
「剃るのに時間がかかる」「肌を傷める」など、いろんなマイナスを引き起こすだけに、切れ味が落ちないシェーバーをしっかりと選びたい!

皆さんの投稿を募集中!
右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト