発売以来、1億3000万本の大ヒット中!

飲メバ!ハマル?!“マテ茶”とは?

2014.03.11 TUE


サンバのリズムがなんとも陽気な「太陽のマテ茶」の世界観。どんな料理にも合うスッキリした味わいで、飲んでハマる人急増中だ。
春近しといえども、まだまだ寒い日も多い今日この頃。そんな寒さを吹き飛ばす陽気なお茶をご紹介。一昔前に比べると、緑茶やウーロン茶をはじめ、いろんな種類の“お茶”が発売されるようになったけど、去年から急速に浸透している新ジャンルの無糖茶をご存じだろうか? それが“マテ茶”なるもの。かつてない“ラテン”なお茶として、コンビニの店頭や「飲メバ!ハマル!マテ~茶!」の軽快なダンスをくりひろげる「太陽のマテ茶」のCMを見かけた人も多いだろう。

そもそもマテ茶とは、南米大陸南東部地区で生育するモチノキ科の常緑樹「ジェルバ・マテ」の葉や枝を乾燥、粉砕、精製したものに熱湯を加えて飲む飲料のこと。肉料理が中心で野菜類をあまり摂らない食生活で知られる南米の人々を中心に、昔から愛飲されてきた。ビタミン、葉緑素、カルシウムなどの栄養価が豊富で、現地では「飲むサラダ」とも呼ばれているのだとか。

そして昨年、日本で発売された「太陽のマテ茶」は、すでに1億3000万本を突破する大ヒット商品となった。実際に飲んでみるとクセもなく、日本人にも合うスッキリした味わいに仕上がっている。肉料理やこってりした食べ物に、爽やかな風味が実によく合う。「飲メバ!ハマル!マテ茶!」のキャッチコピーの通り、1度購入した人のリピート率が非常に高いというのもうなずける。

さて、そんな「太陽のマテ茶」では、「飲メバ!ハマル!マテ茶!」をテーマに、新キャンペーンを実施中。3月11日(月)からは、なんと全国のオフィス1万か所を対象にした太っ腹キャンペーンが始まる。WEBサイトから抽選に応募し、当選者には「太陽のマテ茶」試飲缶30本とオリジナルグッズを詰め合わせた『太陽のマテ茶キット』が無料でオフィスに届くというもの。2月には、先着順で実施したところ、あっという間に当選枠が埋まる人気を受け、今回はその第2弾となっている。ちょっとラテンな贈り物が、オフィスを陽気な気分にしてくれるかも!?

※この記事は2013年3月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト