「King of 学芸会」エビ中がメジャーデビュー!?

ももクロ妹分・私立恵比寿中学とは

2014.03.15 SAT


ももクロと同じく、5月5日の「こどもの日」にデビューするエビ中。9人のメンバーにちなんで「オリコン9位を目指します」と宣言したが、果たして獲得することができるのか? 注目が集まっている
時はアイドル戦国時代──様々なアイドルたちが各地でしのぎを削っているのは周知の通り。そんななか、ももいろクローバーZの妹分がメジャーデビューすると報じられ、話題となっている。それが私立恵比寿中学、通称“エビ中”だ。

エビ中は2009年、柴咲コウや北川景子らを擁するスターダストプロモーション芸能3部に所属する、「3B-junior」からの選抜9 名で結成。インディーズ時代には渋谷のO-Eastを1000人のファンで満員にしたり、2500枚のCDを1日のイベントで売り上げたり、5thシングル「もっと走れっ!!」ではインディーズのオリコンデイリーランキング7位を記録するなど、数々の話題を振りまいてきた。

特にこれまでのアイドルと違う点は、自らを「サブドル(サブカルアイドル)」と呼び、グループ名の通りメンバー全員が現役の中学生で、平均年齢が13.5歳と特に若い点だろう。

そんなエビ中の武器は、「キレの“ない”ダンスと“不安定な”歌唱力」。逆説的とも思えるが、決して手を抜いているということではない。全力で歌って踊って、MCで噛んだりトチったり明らかに棒読みの子が交じっていたり…。しかしそんな彼女たちの成長途上のパフォーマンスこそが魅力なのだろう、ファンからアツ~い声援を受けているのだ。

彼女たちは自分たちを、学芸会の中の学芸会「King of 学芸会」と自称。“ハラハラしながらも見守りたくなる魅力”がファンの心をとらえて離さないようだ。それを証拠に、エビ中の成長を見守るファンたちは「父兄」と呼ばれているのだとか。現場ではしゃぎながらも終始和やかな雰囲気で見守るファンの姿は、さながら娘の成長を見守る親のごとし、だ。

先日にはアイドルの聖地である神奈川・ラゾーナ川崎で、5月5日にリリースされるメジャーデビューシングル「仮契約のシンデレラ」にちなんで、メジャーデビューの“仮契約調印式”が行われた。当日彼女たちが披露したパフォーマンスは、「エビ中のユルさがメジャーにいくことで失われてしまうのではないか」と不安視するファンの心配(?)も吹き飛ばす内容だった模様。メジャーデビューしてからファンになる人も、インディーズ時代と同じ体験ができそうだ。

アイドルのイベントは観るだけなら無料の場合が多い。エビ中は3月4日から毎週各地でイベントを敢行しているので、みなさんも一度“学芸会”を観覧してみては?
(ピーチ四葉/東京ピストル)

※この記事は2012年3月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト