男が知らない女の視線 第6回

女子が気になる男子の体のパーツ

2014.03.15 SAT


まだまだ自分は若いと思っていても、一度トレーニングをしてみると自由に動かない箇所が…なんてこともあるそう。衰えている箇所を早めに発見して、いつまでも若い体を目指しましょ 写真提供/PIXTA、調査協力/アイリサーチ
男女の別を問わず、春が近づくと期待してしまうもの…。そう、それは新しい出会いですよね。ならば、初対面の印象はいいに越したことはありません。ここはひとつ、外見で女子をドキッとさせてみようじゃありませんか!

そこで、全国の25~34歳の女子300人にアンケートを実施。男子の体で「思わずドキッとするパーツ」と「幻滅してしまうパーツ」を調査しました。さっそく、ランキングをご覧ください!

●思わずドキッとする男子の体のパーツランキング(複数回答)

第1位 分厚い胸板 123人/300人
第2位 広い肩幅 111人/300人
第3位 長く細いキレイな指 97人/300人
第4位 二の腕 89人/300人
第5位 割れた腹筋 89人/300人

●見ると幻滅する男子の体のパーツランキング(複数回答)

第1位 太って見えなくなった首まわり 200人/300人
第2位 出っ張ったおなか 189人/300人
第3位 豊かな胸の肉 122人/300人
第4位 垂れ下がったお尻 119人/300人
第4位 ぷよぷよの太もも 119人/300人

ドキッとするパーツの上位には、第3位以外、いわゆる“男らしさ”を感じさせる部位がランクイン。幻滅ポイントと合わせて見ても、なんだかんだいって、女子はたくましく鍛えられた肉体にドキッとするようです。では、女子キュンボディーを手に入れる方法とは? トレーナーのShiecaさんにお聞きしました。

「まずは、『腕立て伏せ』から。両手の幅を広く取れば胸、狭く取れば二の腕(三頭筋)の筋肉が鍛えられます。もちろん腕の前側も、バランスよくトレーニングしてくださいね。合わせて、『ショルダープレス』で肩の筋肉を鍛えて。『ショルダープレス』は、両手にそれぞれ5kgぐらいのダンベルを持ち、耳の位置から頭の真上に持ち上げる上下運動です」

おお、ここまでで胸より上はバッチリですね。その下のおなかを攻略するには?

「3種類の『腹筋』で、上・中・下と鍛えましょう。ひざを曲げて足を固定し、おへそをのぞきこむように丸まる『クランチ』、体全体を起こす『シットアップ』は腹筋の上部と真ん中、仰向けに寝転んだまま両足を上下させる『レックレイズ』は下部に効きます」

さらに、太ももとお尻には『スクワット』が効果的。また、幻滅パーツ第1位の「首まわり」は、ほかの部分を鍛えるうちに自然とシュッとしてくるそうですよ! …ところでShiecaさん、回数など、一日のトレーニングの目安は?

「一回につき、限界の回数×3セットです。大切なのは、回数をこなすことではなく、丁寧に筋肉を動かすこと。もし筋肉痛になったら、痛みが引くまで待って、またトレーニングを再開しましょう」

なるほど、自分の体に合わせて行うのがベスト、と。筋力トレーニングは、女子の“ドキッ”のみならず、自分の体を見直す機会も与えてくれそうですね。
(有馬ゆえ)

※この記事は2012年3月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト