対策はやはりヨーグルトが人気

春はお腹の悩みに注意の季節!?

2014.03.30 SUN


便秘というと女性の悩みというイメージを抱く方も多いと思うが、実はそうでもないようだ。3月13日にインテージが行った自主調査「便秘対策に関する意識」によると、20~69歳の男女1000人のうち、便秘の経験者は全体の約2割。そのうち3割は男性だという。

異動や転勤、職場環境が大きく変わるこれからの季節。ストレスによって、体温維持や血液循環、消化吸収などの機能をコントロールする自律神経のバランスが崩れやすく、便秘に悩まされる方々にとってはつらい時期ともいえそう。

ちなみに、日ごろから便秘対策として何か行っている人も多いようで、前述調査では、「便秘対策として、摂取したことがある食品、飲料」についても聞いている。その結果は以下の通り。

〇便秘対策として、摂取したことがある食品、飲料(男女計数値・複数回答)

1位 ヨーグルト 86.3%
2位 野菜類(キャベツ、ごぼうなど)68.2%
3位 果物(バナナ、りんごなど)58.1%
4位 芋類(さつまいも、こんにゃくなど)54.0%
5位 乳酸菌飲料47.6%

ヨーグルトは男女別に見ても1位。やはり、朝食やおやつとして気軽に食べられることもあってか、便秘対策としては人気が高い様子。

さて、そんなヨーグルト好きに耳よりな情報をひとつご紹介しよう。明治ブルガリアヨーグルトでおなじみの明治は、4月30日までナチュラルライフフォトコンテストを実施中。「日常で、明治ブルガリアヨーグルトを活用したナチュラルライフ」というテーマのもと、画像作品の投稿を受け付けている。

部門は、「ヨーグルト・スマイルフォト賞」「ヨーグルト・クッキングフォト賞」「ヨーグルト・アートフォト賞」の計3部門。各受賞者には「ダスキンのプロによる掃除のギフトカード」「豪華スイートルームで贅沢料理堪能」「本格派デジタル一眼レフ」など、豪華賞品が当たるというのもヤル気に火がつく。応募は、パソコン、スマートフォン、その他携帯電話、各種から受け付けていて応募しやすい。

桜もそろそろ葉桜。本格的春到来を前に、体調管理のヨーグルトを食べつつ、どうせなら健康と懸賞、両方を狙ってみてはどうでしょう?

※この記事は2013年3月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト