日清「行列のできる店のラーメン」から新発売!

「とりそば」のスゴさを突撃取材!

2014.03.06 THU


「濃厚で奥行きのある旨みと、クセがなくさっぱりした後口の両立こそ、鶏白湯スープ最大の魅力。繊細さのなかにある深い味わいをインスタントラーメンで見事に再現してみせた開発者のこだわりには脱帽するしかありません!」
噂の新商品開発の舞台裏を取材した日経トレンディの品田英雄さんに、その味の秘密を聞いてみた! ホントにスゴイの? と半信半疑で臨んだ取材の結果は?

世の中に美味いものは数あれど、ラーメンほど親しみやすく、そして抗えぬ魅力を秘めたものは無い気がする…。そんなラーメン好きのしがないライターである筆者が向かった先は、日経トレンディ編集部。なぜ、日経トレンディなのか―?

それは、日清食品から今話題のラーメンが発売され、日経BPヒット総合研究所の品田英雄なる人物が、いち早く取材したという情報をゲットしたから。一体、どんなラーメンで、どんな味だったのだろう?ぶっちゃけどうなんですか、品田さん!

「今回、取材をしたのは『行列のできる店のラーメン』シリーズから新発売の『とりそば』です」

「行列のできる店のラーメン」といえば、日清食品のインスタントラーメンの中でも最高級ブランド。ラーメン通を唸らせる本物の味を追求し続け、10年以上愛されているブランドだ。しかし、新たにラインナップされたとりそばとは一体、どんなラーメンなのだろう…?

「とりそばの最大の特徴は、豚骨スープのように濃厚なコクやまろやかさがありつつも、クセがなく優しい味わいの鶏白湯(トリパイタン)スープ。行列のできる店のラーメンならではの、専門店の味をとことん追求する味は健在でした」

たしかに、行列ブランドのスープへのこだわりは、これまでの実績からも期待が持てそうだ。開発の舞台裏も取材されたそうですが?

「実際に全国のとりそばを食べ歩き、現場の膨大なリサーチを元にコンセプトを決め、まろやかな塩味と鶏白湯スープとのベストバランスを見極めるまでに、何度も試作を繰り返したそうです。一杯にかける情熱には驚かされました」

聞けば聞くほど、ウマそうじゃないですか。早く食べたいゾ! この記事が皆さんのお手元に届く頃には発売されているはずなので、ぜひご自身の舌でお確かめください。最後に、行列のできる店のラーメン「とりそば」を美味しく頂くためのコツも聞いてきたので、ぜひ実践あれ!

<行列のお作法 その1>
ラーメン店と同じように鶏を炊いてうまみを出し、鶏油を加えて作った特濃鶏白湯スープ。待ち時間中はフタの上でスープを温めること!

<行列のお作法 その2>
しなやかでつるみのある生麺食感をもつ、ノンフライ麺を美味しく食すには、沸騰したお湯を入れて4分間じっと待つこと!

<行列のお作法 その3>
食べ応え抜群の炭焼きチキンに大ぶりのネギ&メンマ。スープをひきたてる炭焼きチキンで鶏の旨みを一層楽しむこと!

  • 行列のできる店のラーメン「とりそば」

    ラーメン好きをも唸らせる本格志向の高級ブランド「行列のできる店のラーメン」に「とりそば」が新登場! じっくり炊き込んだ鶏の旨みが凝縮した特濃鶏白湯スープや、炭焼きチキンの具材などこだわりが満載。価格は270円(税別)
  • 25人のラーメン好きが行列を作って実験!?

    日清「行列のできる店のラーメン」は本当に並んで食べる価値があるのか? 新発売「とりそば」のウマさのほどを確かめるべく、ラーメン好き読者25人に実際に行列を作って実験!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト