卒業しよう!Windows XP

Win8のウワサを検証してみた

2014.03.23 SUN

卒業しよう!Windows XP


筆者のパソコン画面の「Modern UI」。マウスを左下に持っていけば「スタートボタン」が、右側を上下にカーソルを移動すれば「チャーム」が表示される

ネットの評判の信ぴょう性って…?



もう時間がない。Windows XPサポート終了は4月9日、まもなくだ。いまだにXPを使い続けている人は、早く新しいOSに切り替えるか、新しいOSが搭載されたPCを購入するか、いずれかの手を打つべき。XPの利用を続けることでウイルスに感染しやすくなり、「ショッピングサイトで、勝手に買い物をされ、とてつもない請求額がある日届く」「取引先の情報が流出し、損害賠償請求をされる」などの被害も予想されるためだ。

くどいようだが、そろそろXPを卒業して、Windows 8への切り替えをおススメする。しかし、ネット上では、Windows 8にまつわる様々な噂を目にして、アップデートを足踏みしている人も多いようだ。

そこで、筆者がこの身をもってWindows 8にまつわる様々な噂を検証。その真偽を確かめてみた。

○「なれると使いやすい Win 8の画面」
Windows 8はこれまでのWindowsから大きくUI(ユーザー・インターフェース:操作する画面のこと)が変化している。これによって、「あれ…スタートボタンは?」「マイコンピューターは…?」「シャットダウンはどこで?」など、“操作迷子”になりやすいが、これははじめのうちですぐになれた。

たとえばスタートボタンは、Windows 8からさらにWindows 8.1にアップデートすることで追加されるし、タブレット操作向けに追加された「Modern UI」も、自分の好きなようにカスタマイズ可能で、パソコンの使いやすさも格段にアップする。シャットダウンにあたっては、マウスを画面の右端に持っていき上下にスライドするだけで「チャーム」と呼ばれるウインドウが登場し、むしろ簡単になったようにすら思える。

○「デスクトップを初期画面にも」
一番の変化といわれているが、先に述べた「Modern UI」。初期状態では、起動するたびに表示されるが、タブレットではなくパソコンで利用しており、通常のデスクトップ画面利用が多いという人は、Windows 8.1にアップデートすれば、スタート画面をデスクトップに変更ができる。こうして、自分のスタイルに合わせて使い心地をカスタマイズも可能だ。

○「動作はおもったより軽快!」
「遅い」とネット上で噂されることが多いのは、Windows 8には様々な視覚効果があり、自動バックアップが働いているからだろうが、それは、パソコンのスペックによるところも大きいかもしれない。今回の原稿を書くにあたり、5年前に購入したノートパソコンと1年前に購入したノートパソコン、両者でその動作を試してみたが、やはり新しいノートパソコンの方がスペック差もあってか、起動やシャットダウンは圧倒的に高速。今販売されているノートパソコンは、これらよりさらに高性能なCPUを搭載しているうえ、比較的安価。増税前にいっそ新パソコンを買ってしまうのもひとつの解決策だ。

今回、筆者はWindows 7からアップデートを行った。全体としては、想像以上に快適に使えるという印象。Windows 7が動作しているPCであれば、スペック的には問題なさそうだ。ネット上では様々なネガティブな噂や評判があるが、あまり気にしなくてよさそうだ。単に慣れていないことが原因の不満なのかも…。

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト