本当に並んで食べる価値があるの?

行列のできる店のラーメンを並んで食べてみた

2014.03.20 THU


実際に行列に並ぶラーメン好きのみなさん。「とりそば」の美味しそうな香りが漂うなか、1時間待ちのグループのメンバーにとっては、拷問ともいえる実験となった
日清食品が誇る本気のインスタントラーメン、「行列のできる店のラーメン」をご存じだろうか? スープ、麺、具材の全てにこだわり、ラーメンファンをも唸らせる本物の味を追求し続け、10年以上も愛され続けているブランドだ。なにしろ “行列ができる”と言い切っているところからも、その自信のほどがうかがえる。

そこで今回、取材班では、その看板に偽りがないかを実験してみることにした。実際に行列を作って待ってもらったうえで、「行列のできる店のラーメン」を食べてもらい、待ち時間に見合うほどの味なのかをジャッジしてもらうという内容。ルールは以下のとおり。

・ラーメン好き25人が集合、5人×5つのチームに分かれてもらう。
・チームごとに、5分〜60分の待ち時間を設定。
・試食後、指定の時間「待てる味」かどうかをジャッジ。

今回、実験に用いたのは、新発売の「とりそば」。じっくりと炊き込むことで鶏の旨みを凝縮した特濃鶏炊き白湯(パイタン)スープや、炭焼きチキンの具材など、こだわりが随所に光る逸品とのこと。はたして、結果のほどは?

【5分待ち】5人中5人が「待てる」と回答!
5分なら、直ぐに通されるレベルだが、まずは「行列のできる店のラーメン とりそば」が実力を見せつけ、満点回答ゲット。とはいえ、まだ5分。勝負はこれから!

【15分待ち】5人中5人が「待てる」と回答!
スマホで簡単に時間がつぶせる15分待ちもなんのその。ここでも渾身の特濃鶏炊き白湯スープが5人のハートをキャッチ。インスタントラーメンとしては、この時点で偉業といえるかも!?

【30分待ち】5人中5人が「待てる」と回答!
そろそろお腹がペコペコになる30 分でも、「とりそば」の旨みは、行列待ちで荒ぶる5人の心を完璧に鎮めた。その看板に偽りがないことを証明。

【45分待ち】5人中3人が「待てる」と回答!
そろそろ我慢の限界か? 実際のお店なら大行列であろう領域へ突入しても3人が「待てる!」と回答。このスープ、一体どこまで奥が深いのか…。

【60分待ち】5人中1人が「待てる」と回答!
社会人を1時間拘束する、これがどれだけハードルの高い行為か説明するまでもない。だが、1人は長蛇の列に並んでも食べる価値があると回答。驚くべき結果といえるだろう。

今回の実験に参加してもらった25 人には、並んで待ってもらった時間とは別に、何分なら待てるのか? を聞いてみたところ、なんと結果は平均33分! 「行列のできる店のラーメン」は本当に行列ができる味だったのだ!

今回実験に使用した日清「行列のできる店のラーメン とりそば」は、(お湯を注いで5分待てば)もちろん長蛇の列に並ばなくても手軽に味わうことができる。あとは、ご自身の舌でその実力のほどを確かめてみてはいかがだろう?

  • その気になる味は?

    試食後の感想では、濃厚なスープを絶賛する声はもちろん、本格的な炭焼きチキンやネギなどの具材へのこだわりに驚く声も多かった。従来のインスタントラーメンとは次元が異なる味であることは確かなようだ
  • 日清「行列のできる店のラーメン とりそば」

    「行列のできる店のラーメン」に「とりそば」が新登場! じっくり炊き込んだ鶏の旨みが凝縮した特濃鶏白湯スープや、炭焼きチキンの具材などこだわりが満載。価格は270円(税別)

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト