大学生活スタートで知っておきたい!

「時給のいいバイト」TOP3

2014.03.31 MON


アルバイトの中には、「社割が利く」「まかないが出る」「タダでエンタメを楽しめる」など、時給だけではない“お得”がついたものもたくさん。時給だけで考えず、自分に合ったアルバイトを探してみよう
この春から大学生活がスタートし、「自由に使えるお金が欲しい」と思っている人も少なくないはず。日本学生支援機構の『平成22年度学生生活調査結果』によると、1カ月の平均出費は、3万950円であるようだ。これって大学生にはかなり痛い金額かも。

でも、いざバイトを始めようと思っても、種類が多くてどれにしようか決められない人も多いのでは? 効率よく稼げるバイトはどんなものなのだろう。リクルートジョブズが発表した『2014年2月アルバイト・パート全国エリア別募集時平均時給調査』から職種別の時給を調べてみた。

「短期間で稼ぎたい!」という人にオススメの高額時給バイトTOP3は、塾講師(平均時給1279円※以下、同)、キャンペーンスタッフ(1232円)、パチンコなどのホールスタッフ(1172円)だ。

逆に、ファッションアドバイザー(919円)、コンビニ(879円)、ファストフード(900円)は、時給重視の人には不向きかも…。けれど、これらのバイトは、塾講師などと異なり、比較的長時間かつ、コンスタントに働けるため、その分頑張り次第で稼げる場合も大いにあるのだ。

とはいえ、現役アルバイターに「アルバイトの魅力」を聞いてみたところ、「同世代の友達がたくさんできた」(ビールの売り子・女性)、「成長でき、充実感を得られる」(劇場スタッフ・女子)、「夢を持って働く人が多く、刺激になる」(デリバリーピザスタッフ、男性)などの声が多数。

出費額を目の前にすると、時給面がどうしても気になるけれど、充実した生活を送るには、「人間的な成長」が期待できるバイトを探すのが一番なのかも。

まだ見ぬ未来を想像して、自分に合ったアルバイトを探してみよう!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト