スーツケース、家具、必要なときだけ使いたい!

「ニッチなレンタルサービス」が続々

2014.04.03 THU


配送から設置、引き取り料まですべてレンタルの金額に含まれている。たとえば冷蔵庫なら1カ月9450円~2年間2万580円で利用できる。この値段で面倒な手間も省けるのはありがたい
冠婚葬祭で着るスーツ、1週間程度の出張用スーツケース…使う頻度は多くないけれど、どれも必要なもの。買うと高いし、収納場所にも困る。レンタルサービス自体は昔からあるが、最近ではニッチな悩みに応えてくれるものが増えているらしい。

たとえば、結婚披露パーティーに招待されたとき。フォーマルでありながら、ちょっと華のあるスーツを着たければ、スーツレンタルサービスの「リアルクローズ」がオススメだ。誰もが知ってる高級ブランドのスーツを、7泊8日7980円から借りることができるので、買うよりお得。また、スタイリストがコーディネートしてくれるので、選ぶのが面倒な人にはうれしいサービスとなっている。


ほかにも、宿泊日数で荷物の多さが変わるスーツケースがレンタルできるサービスもある。スーツケースメーカーの「サンコー」では、2週間か、1カ月間のいずれかのプランで4500円からレンタルが可能。サイズやモデルもスーツメーカー直営とあり最新のものから軽量のものまで豊富。海外旅行や出張など、用途に合わせて選べるのがうれしい。

こういった便利なサービスが広がりつつあるなかで、家具家電がレンタルできるサービスもあるという。大型のものは、一度買ってしまうと引越しのときにかさばるし、捨てるのも面倒。必要なときだけ使えるのなら、ぜひ利用してみたいものだ。

「弊社では、家具家電を中心とした生活用品のレンタルを1カ月~4年の期間で行っています。配送や取り付け、引き取りなどの手数料は最初に支払うレンタル料に含まれるため、追加料金は一切かかりません」(「かして! どっとこむ」営業部長・荒木勤さん)

同サービスでは電子レンジや布団などサイズの小さいものも借りられる。なかでも人気の商品は、やはり大型家電の洗濯機と冷蔵庫。利用する際には、配送や設置までしてくれることが魅力のひとつのようだ。

こうしたニッチなレンタルサービスが増えている。その理由は、少し前に話題になった「断捨離」じゃないが、できるだけ余計なものは持たない、という人が増えているからなのでしょうね。
(高根千聖/清談社)

※この記事は2013年4月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト