ドタキャン情報を収集・活用!

予約困難な人気店を予約するコツ

2014.04.10 THU


1軒ずつ予約確認の電話をしなくても、「キャンセル」された有名店一覧できる点が便利
彼女とのデートで、ちょっといいお店へ…と思っても、評判のいいレストランはなかなか予約が取れないもの。1カ月以上先まで予約がいっぱいであきらめた…なんて経験のある人もいるだろう。そんな時にオススメのウェブサービスが、「ポケットコンシェルジュ」だ。

このサービスは、人気レストランの「急なキャンセル情報」を収集し、空席状況をユーザーへ提供し、予約までサポートしてくれるというシンプルなもの。そこで、筆者も使ってみた。

目当ての店を選んだら、「行きたい」ボタンをクリック。登録したメールアドレスに予約可能な日時の記載された「空席メール」が送られてくる。その後、予約ページ内の「予約」ボタンを押し、事務局からの確認メールが来れば完了。また、有料会員(980円/月)だと、予約可能日時の3日以上前から予約ができる。(無料会員だと予約可能日時の2日前にならないと予約できないため、有料会員の方が優先的に予約をできる仕組み)。

また今月初旬には、有料会員限定で、電話またはメールで店探しの相談を受けて、予約を代行する「ダイレクトコンシェルジュ」という機能も追加された。

とても便利なサービスだが、多くの店のキャンセル情報を収集するのは、なかなか難しそうだけど…。どんな店を対象にしているの?

「『ポケットコンシェルジュ』に掲載する店は、ミシュランで星を獲得している店や食べログ評価が4.0以上の店、料理人が自腹で食べに行く店のいずれかです。そして、予約が取りにくい店を厳選して掲載しています」(運営元のポケットメニューの神部友香さん)

ポケットメニューの代表である、戸門慶さんは、もともと和食の料理人。いくつもの有名店で修業してきた経験から、このサービスのヒントを得たという。

「急なキャンセルは、食材が余るため店側には大打撃。特に人気店は食材原価も高いため、“ドタキャン”を減らせるようなサービスができたらと考えました。これまでにない、“料理人から見て良い店”を集めたこともサイトの特徴です」(戸門さん)

残念ながら、現時点では他の分野に同サービスを展開することはないそうだ。需要がありそうなので、ぜひ旅行やスポーツなど多ジャンルに広がるといいですよね。
(池田園子)

※この記事は2013年4月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト