取りたい資格1位はTOEIC

自己投資の平均額は月間7400円

2014.04.21 MON


資格・スキルを取得する理由1位は「何かあったときの備え」(46.7%)
今年度こそ新しい習い事を始めようと思っていたのに、まだ実行に移せていないという人も多いのではないだろうか。いったいどのようにスキルアップしているのか、気になるビジネスパーソンの自分磨き事情を、英会話スクールのGabaが調査している。

Gabaがおこなったのは、「ビジネスパーソンのスキルと資格に関する調査」(20歳~49歳の男女ビジネスパーソン1000名)。「男性が思う今後取得したい資格または検定試験のスコア ベスト5」は、以下のとおりだ。

1位 TOEIC(17.6%)
2位 簿記検定(9.0%)
3位 宅地建物取引主任者(8.8%)
4位 英検(8.2%)
5位 マイクロソフトオフィススペシャリスト(7.4%)

ちなみに女性のランキングでも1位はTOEIC(19.8%)だが、2位は「医療事務資格」(19.6%)、3位は「カラーコーディネーター」(13.8%)がランクインするなど男女差があらわれる。

同調査では、英語力について詳しく聞いており、「高校受験または大学受験の勉強で身に付けた英語がビジネスの実戦の場で役に立っているかと思うか」について調査したところ、「思う」「どちらかといえば思う」と答えた人は合わせて16.5%と2割以下。一方、「思わない」(28.9%)「どちらかといえば思わない」(27.9%)と答えた人は合わせて半数を超える。

さらに「現在の勤務先の社内公用語が英語となった場合、転職を考えると思うか」という質問に対して、「思う」「どちらかといえば思う」と答えた人が47.2%に上り、英語に対する苦手意識の強さがうかがえる結果となった。

ちなみに、「ビジネススキルUPのための1カ月あたりの自己投資額」の平均は、男性8600円、女性6200円、全体では7400円だった。1万円未満が49.5%を占め、このあたりが一般的なビジネスパーソンの相場といえそう。

とはいえ、自己投資への意欲は高いようで、「今後予定しているビジネススキルUPのための自己投資金額」は全体で1万900円。男性1万1800円、女性1万100円といずれも3000円程度上昇している。給料があがりにくい昨今、それでもスキルアップへの自己投資に積極的なのは、危機感の高さの裏返しと言えるかもしれない。

※この記事は2012年4月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト