ひざの裏や太ももにあるデコボコ、なんとかしたい!

セルライトってつぶせるものなの?

2014.04.02 WED


お肉をつまんだとき、デコボコと出てくるのがセルライト。ちなみに極端なサイズアップによって亀裂ができる「肉割れ」は、セルライトとは異なるもの 画像提供/Valua Vitaly/PIXTA(ピクスタ)
雑誌をめくると、爽やかな春夏ファッションが目につくようになってきましたね! ミニスカートを引っ張り出して、そろそろタイツは片づける準備を…と思ったら、そうだった! ひざ裏や太ももにあるデコボコしたセルライト、毎年悩みの種なんでした。

このセルライト、一体なんなんでしょうか? 時々「エステでセルライトをつぶす!」とか「マッサージでセルライトをつぶす方法」なんて言葉を目にするけど、人の手でつぶせるものなの? 小林メディカルクリニック東京の小林暁子先生に聞いてきました!

「結果から言いますと『つぶせる』ようなものではないんです。セルライトとは、脂肪細胞が肥大化したもの。過剰にエネルギーを摂取すると、それらは中性脂肪として脂肪細胞に蓄えられます。それは普通のことなのですが、筋肉不足によって基礎代謝が低下していたり、血液の循環が滞ったりすると、余分な水分や老廃物が脂肪細胞について肥大化し、セルライトに変わってしまうんです」

特に女性は筋肉が弱い人が多く、筋力量が足りないと代謝が下がって冷えやすくなり、血行が悪くなる。そうすると水分が排出されにくくなって、むくみにつながるそう。この「むくみ」によって全身のリンパ液の流れが滞り、余分な水分や老廃物が溜まってしまう。それが脂肪細胞に付着し、デコボコとしたセルライトにつながるという。

「よくマッサージで『セルライトをつぶす』と表現されるのは、実際にデコボコした塊をつぶしているわけではありません。あれは凹凸が出ている箇所、つまりむくみの原因となっているリンパの詰まっている箇所を流しています。言うなれば『セルライトをつぶすように揉みほぐすことで、リンパの流れを良くしてむくみを解消させている』マッサージです。脂肪細胞は人力では壊せないので、決して肥大化した脂肪細胞(セルライト)自体をつぶして消している行為ではないのですよ」

脂肪細胞はいったん肥大化すると、それを小さくすることは難しいそう! でも、今より大きくならないように予防したり、多少改善したりすることはできるらしい。

「さきほど申し上げたように、問題は筋力不足です。とくに下半身の筋肉が足りないと、むくみによるセルライトが悪化します。ウォーキングなど、下半身を鍛える運動を定期的に行いましょう。もちろん、脂質過多の偏った食生活はNG。バランスよく食べて運動する、規則正しい生活が大前提です。なお、セルライトは加齢によってできやすいので、できるだけ若いうちに対処した方がいいですよ」

もちろん、定期的なリンパマッサージでリンパの流れを良くすることも、大切なことのひとつ! セルライトは自力でつぶせなくても、運動&マッサージでこれ以上の悪化を防ぎましょう。
(富永明子)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト