みんなの保険セレクト事情

第4回 “これから”に備える保険選びとは

2014.04.21 MON

みんなの保険セレクト事情

意外と知らない!? R25世代の病気の知識



万が一のリスク対策として、まず思いつくのが保険への加入。そこで、現在医療保険に加入しているR25世代が、自分の保険をどう選んだのかを調査(20代~30代の男性会社員100人にアンケート/R25調べ)。その結果は、「ネットやパンフレットを見て自分で探した」が最も多い33%。「知人の紹介」(25%)や「会社に出入りしている保険営業の勧誘」(22%)を上回る結果になりました。「医療保険には、加入しておくべき?」のアンケートには、93%が「YES」と回答するなど、保険に対する意識が高く、自分で保険選びをするなど、将来的な病気のリスクに対しては、しっかり知識を持っている人が少なくなさそうです。
「がん」など多くの人が不安に思う病気がある一方、まだまだよく知られていない病気もたくさん…。自分が描く未来に合わせて、自分が入るべき医療保険の内容を再検討してみる必要があるのかも!
しかし、次に「将来的にリスクを感じる病気」について聞いてみたところ、みんなの関心が高かったのは「がん」(68%)、「糖尿病」(41%)、「脳卒中」(32%)、「急性心筋梗塞(こうそく)」(29%)といった比較的よく名前を聞く病気が中心。「3大疾病」として挙げられる「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」についてはよく知られているものの、「6大生活習慣病」として知られる病気については、「糖尿病」以外の「心疾患」「高血圧性疾患」「脳血管疾患」「肝疾患」「腎(じん)疾患」についてのポイントがさほど伸びませんでした。とはいえ、未来にしっかり備えるのであれば、これらの病気も含めて、あらゆるリスクをきちんと想定しておきたいところ。幅広くカバーできる保険選びが重要になりそうです。

そこで、オススメしたいのが、自分自身のリスクに合わせて保障内容を細かくセレクトできる医療終身保険「メディフィットA(エース)」。例えば、「がん」をはじめとする3大疾病に備えるプランも用意されているので、気になる人はメディケア生命の公式サイトをチェックしてみては? もちろん自分にピッタリの保障内容をセレクトすることも可能! 給付金額も調整できるので、これなら、月払保険料を確かめながら自分にベストなプランを見つけられそう! あらゆる病気のリスクについて再度勉強しながら、“これから”のリスクを踏まえた保険選びについてもあらためて考えてみるといいかもしれません! 皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト