実は痛みを感じているという女性は多いようですが…

性交痛は病気のサイン?

2014.04.23 WED


痛みを感じても、病気とは関係無いことも多い性交痛。なかなか相談しにくい悩みですが、もし気になるなら、一度病院に行ってみるのもいいかもしれません。 画像提供:Yayimages / PIXTA(ピクスタ)
本当は幸せな時間のはずなのに、残念ながら苦痛と感じてしまう…。セックスの時に痛みを感じる女性はけっこういるようです。痛みを感じる場合は、それは何らかの病気のサインと聞いたことがあるけど、本当なのでしょうか? そこで、産婦人科医の宋美玄先生に、性交痛の原因や病気との関係について伺いました。

「病気が原因で痛みがあることもありますが、原因はそれだけではありません。まず、見極めるべきは、性的な興奮を十分に感じているのに痛いのかどうか。女性の体は、性的な興奮を感じると骨盤の血流が増し、膣の壁が厚くなり、膣の粘膜から潤滑液が出たり、大陰唇がふくらんで入り口が開くといった、男性器を受け入れるための変化を遂げます。このような準備が十分になされていないのに挿入すれば痛いのは当たり前です。逆に、男性器を受け入れる準備が十分になされているのに痛いなら、原因は別にあるということになります」(宋先生)

その他の原因として考えられるのは、まず子宮内膜症。子宮内膜症の場合は、骨盤の奥の方が癒着で硬くなり、そこに男性器が当たるので、奥のほうが痛くなるそうです。ただし、宋先生のこれまでの診察の経験では、性交痛で受診してきた患者さんで子宮内膜症が原因だった人はほんの一部。話を聞いてみると、入り口付近が痛いという人のほうが多いのだとか。

「入り口付近が痛いという場合、まず考えられるのは膣炎。カンジダ膣炎などを患って、粘膜が弱っている時にヒリヒリ痛む場合があります。また、生理前のエストロゲンが少ない時期には、膣や外陰部への血流が少なく、潤滑液が出にくかったり、膣の組織が薄くなって摩擦に耐えられなくなっているために痛いということもありますね」(同)

また、性器の大きさが合わずに毎回切れてしまう人や、子宮後屈といって、子宮が後ろに傾いている人の場合、男性器が子宮を直撃して痛いということもあるのだとか。これらの場合も、体位や挿入のしかたを少し変えることで改善することは可能なのだそう。

性交痛といっても、原因は多岐にわたり、その原因をきちんと特定できれば改善することが可能なケースも多いということ。まずはどのタイミングで痛いのかを自分自身でも考えてみて、もし改善できそうならパートナーと相談してみるのもいいのかもしれません。

(相馬由子)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト