ジメジメ梅雨を快適に過ごしたい!

男のレイングッズ 高機能化で人気

2014.06.17 TUE


左上:「レインブーツ」(Amaort/1万500円)、「ラクチン軽快シューズ」(VISARUNO/1万5800円)/右上:「BLUNT XS METRO」(BLUNT/5250円)/左下:「メンズレインコート」(Those days/5775円)/右下:「ラクチン快適バッグ」(VISARUNO/1万8900円)
いよいよ梅雨シーズン、ジトジトした雨に悩まされる季節がやってきた…。どんよりと暗い雨雲の下でも、かわいいブーツやコート、バッグなど、華やかなカラーのレイングッズを身につけた女性には目が行ってしまうもの。

一方で、メンズ用のレイングッズもじわじわと品ぞろえが充実しつつあるようだ。様々な機能を搭載した雨傘はもちろん、レインシューズもスニーカー風やローファー風、革靴風など、変わりダネが登場している。

男のレイングッズで、今年注目のアイテムにはどんなものがあるのだろうか? マルイのメンズシューズ担当バイヤーの林 裕史さんによると、近年は梅雨に限らず、ゲリラ豪雨に備えたいというニーズが高まっているという。

「マルイでは、ビジネス用のレインシューズと携帯用雨傘が好調ですね。特に、レインシューズはビジネスシーンにおいて、見た目や履き心地に違和感のない、革靴に近い商品が売れています」(林さん)

具体的に注目商品を伺ったところ、挙がってきたのがサイドゴアの「レインブーツ」(Amaort/1万500円/画像左上)。革の質感をとことん再現しているのがポイントで、雨が入りにくいミドルカット仕様も人気だとか。

また、「ラクチン軽快シューズ」(VISARUNO/1万5800円/画像左上・左)は高い撥水性と防水性を備えつつ、靴底にエアー循環機能を搭載して気になるムレを軽減。雨の日はもちろん、晴れの日も快適に履けるのがうれしい。

一方、折りたたみ傘のトレンドは? 同店レイングッズ担当バイヤーの小泉舞さんによると、豪雨の強風やビル風などにも負けない傘が注目されているという。

たとえば、独自のフォルムで風の抵抗を分散する傘骨構造を採用した「BLUNT XS METRO」(画像右上)、裏返ってもすぐに元に戻る特殊な骨組みを使用した耐風折りたたみ傘「リップストップ55タフネスミニ」(2100円)などだ。

「レインコート(画像左下)は、オンオフともにシーンを選ばないダークカラーが人気です。一方、バッグは撥水性の高い合成皮革を使用したもの(画像右下)がこの時期のおすすめ。撥水性のないバッグは、雨での色落ちやシミが心配なので、表面をすっぽりと覆うタイプのレインバッグカバーを利用するのも手ですよ」(小泉さん)

梅雨が去っても、夕立に台風、ゲリラ豪雨など、強い雨に見舞われることの多い夏。持つだけで雨の日がちょっと快適になるレインアイテム、持っていると重宝しそう!
(矢口あやは+ノオト)

※この記事は2013年6月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト