買った靴がキツキツになるむくみを解消したい!

靴を買うのは夕方以降が正解?

2014.06.18 WED


小林先生によると「ハイヒールは、意外とふくらはぎの筋肉を使わずに歩けてしまいます。ふくらはぎを鍛えたいなら、フラットシューズで生活するのがオススメ」とのこと!
素敵な靴を見つけて試したら、ちょうど足にピッタリ! つま先もかかとも、足の両脇も、どこも余る部分がなくて、ほかのサイズを試すまでもなく「これでお願いします」と即お買い上げした靴…だったはずが、翌日の夕方、ピッタリどころかキツキツに! とほほ…。やっぱり靴は、足がむくみやすい夕方以降に購入すべきなの?

「足がむくみやすい人は、むくんでいる夕方以降に購入したほうがいいでしょう。むくむ前後では、ふくらはぎで1~2cmも差が出るので、靴も数ミリ、サイズが変わってしまいます。ただし、むくみ過ぎているときに買うのは避けましょう」とは、小林メディカルクリニック東京の小林暁子先生。

夕方以降に買う場合も、むくみがひどい場合は、簡単なマッサージやストレッチをして、少しでもむくみを解消してから買うのがいいのだとか。そこで、簡単にむくみを解消できるマッサージを教わりました。

まず、足首からふくらはぎ、最後にヒザ裏の順番で、下から上へマッサージしたら、最後にヒザ裏のリンパ節を優しく揉むと、むくみ改善に。また、ヒザから指4本下の少し外側にあるくぼみ「足三里」のツボを刺激するのも効果的だそうです。

また、階段の縁を使った簡単なストレッチも! 階段(危ないので一番下の段を使うこと)の縁に足指をかけ、かかとを下に落として、アキレス腱からふくらはぎの裏面をよく伸ばします。次に、かかとを上げて、つま先立ちの状態になり、足裏やふくらはぎの筋肉をしっかり使います。この上下運動により、足の血流がよくなって、むくみ解消につながるそう。いずれも片足ずつおこないましょう。

「そもそも、なぜ自分はむくみやすいのか、原因を突き止めることも大切です。特に座り仕事や立ち仕事など、同じ体勢のまま数時間過ごす仕事の人は、むくみに悩まされることが多いでしょう。下半身(ふくらはぎ)の静脈は、周辺の筋肉によって下から上へと押し上げられているのですが、同じ体勢のままでいると、足の血流が滞って水分が排出されず、むくみやすくなります。とくに女性は筋肉の弱い人が多いので、むくみが習慣化しやすいのです」

むくみの習慣化を避けるには、こまめに動き、同じ体勢のまま過ごさないようにすること。そして、ふくらはぎの筋肉をよく使うことが必要だとか。ちなみに、朝も足がむくんでいるという人は、前日の食事で塩分を摂りすぎた可能性も。食生活から見直しが必要な場合もあるそうです。せっかく気に入って買った靴が「キツキツで履けない」なんてことにならないよう、日ごろから「むくみ知らず」の美脚を心がけたいですね!
(富永明子)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト