カギ紛失、トイレの詰まり、ガラス破損etc.

カギを紛失時の対処法&費用は?

2014.07.02 WED


sh2 / PIXTA(pixta.jp)
夜、帰ってきたら、カギがみつからない…。ひとり暮らしの人の中には、家に入れないという恐怖の一瞬を味わったことのある人も多いのでは?

そんな時に頼りになるのがトラブル解決サービスだが、そうした事態に直面するまで費用などは知らないもの。そこで、日常生活のトラブルを解決する生活救急車の早川さんに基本的な作業料金を聞いてみた。

「カギをなくして家に入れない場合は玄関ドアや勝手口等の解錠を行い、作業料金は8400円からとなります。作業前にはご本人様確認(身分証提示)と誓約書記載が必須となります。すべてのサービスにおいて、現場、もしくは電話でキッチリとお見積もりさせていただき、作業内容の説明、作業料金のご案内にご納得いただいたうえで作業を開始します。ご質問、心配なことがございましたら、受付スタッフや訪問スタッフへ何なりとご質問ください」

カギのサービスなら24時間365日、電話受付でスタッフが駆けつけてくれるという。夜間は時間外料金がかかるとはいえ、遅くに家に帰ることの多いR25世代にとっては心強い存在だ。では、R25世代の独身男性からの依頼で多いものは?

「一番多いのは、やはり自宅などの建物解錠。2番目がトイレや風呂排水等の水詰まり、3番目が自動車のインロックですね。トイレ詰まりは軽度の詰まり抜きで8400円から、自動車インロックは国産車解錠で8400円から。その他、多いものとしては、割れたガラスの交換で1万6200円からとなります」

なるほど。確かにトイレの詰まりと車のインロックもありがちなトラブルだ。そして、8400円からと飲み会を我慢すれば挽回できそうなお値段。ちなみに筆者は、以前、仕事先のトイレに携帯電話を流してしまい、取り出してもらったことがあるのですが…。

「依頼件数は少ないですが、その場合は便器脱着作業となりますので料金は2万4150円から、作業時間は1~2時間ほどかかりますね。ほかにも、珍しいトラブルではペットの猫や犬がマンションの玄関ドアのバーロックを閉めてしまったというものなどがあります。こちらは玄関の建て付け状況確認が必要で、料金は1万500円からとなります」

そうなんですね…。費用を聞いて、改めて猛省しました。“うっかり”が原因で起こることも多い暮らしのトラブル、まずは気を付けることが一番ですが、いざというときの手痛い出費を知っておけば、日ごろの行動がより慎重になるかも?
(斉藤陽子)

※この記事は2011年11月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト