ランチにノンアルコールビールは…同僚もOK!?

夏のONタイム「アリ・ナシ」調査

2014.07.08 TUE


アルコールは入っていないといえど、やっぱり同僚の目が気になるランチや休憩時間のノンアルコールビールの飲用。でもすでに3割程度の同僚が容認している様子。だったら心置きなく楽しんでみては?(2012年6月 M1・F1総研調べ)
本格的な夏に突入し、暑さとともに心にもカラダにもハードな日々が続きます。そんな夏を乗り切るのに必要なのは、気合? それとも休息? もちろんどっちも必要ですよね。

大切なのは、肩の力を抜いたポジティブマインド。いわば「ゆるポジ」。肩肘張ってばかりいると疲れちゃいますから。

でも「ゆるポジ」なんて言っていたら、ビジネスじゃ通用しない! …そう思う人も少なくないでしょう。そこで実際のところを調べてみました。「ゆるポジ」マインドは、ビジネスシーンでどこまで許されるのか?

その参考になりそうなのが、20~30代男女の意識・行動実態に詳しい「M1・F1総研」の調査結果。「ランチや休憩時間にノンアルコールビール」「ハーフパンツでスーパークールビズ」「たまには在宅勤務」など、やってみたいけどなかなかできない「ゆるポジ」行為について、若手ビジネスマン世代(M1層=20~34歳男性)の意識を調査しているのです。

では、その結果はいかに? 上のグラフを見てみていただくと、「ボクらが思うほど、同僚世代の意識は厳しくない」という傾向が読み取れます。「こんなことしたら同僚に怒られそう」と思っている行為も、実は「気にしない」と答えるM1層(同僚世代)が結構多いんですね。

たとえば「ノンアルコールビールをランチと一緒に楽しむ」のは、現状ですでに35.9%の同僚たちも認める「アリ」な行為。自分もその楽しさを実感できることだけに、仲間にもOKを出しやすいのかも? 今後のコミュニケーション次第では、もっと多くの同僚世代がアリにしてくれる可能性も大です。この夏は、みんなをランチに誘って「一杯どうよ?」なんて巻き込んじゃうのもいいかもしれません。

そんな今年流の「ゆるポジ」な夏にぴったりな「お昼にノンアルコールビール」スタイルを楽しめる場所がオープン! サントリーのノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」が日中の屋外で飲める「オールフリーガーデン」が、六本木ミッドタウンで7月5日(木)〜16日(月・祝)までの期間限定で開園。冷たいノンアルコールビールですっきりと涼しんで、ゆる~く、でも前向きに、この夏の暑さを乗り切りましょう!

※この記事は2012年7月に取材・掲載した記事です

  • 「オールフリーガーデン」は六本木ミッドタウン(ミッドタウン・ガーデン)で7月5日(木)~16日(月・祝)まで、期間限定でオープン。毎日11〜17時。5日のみ12時から。※天候により、営業時間が変更、あるいは営業時間が中止となる場合があります

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト