サラダ油や炭酸水を使うと、もっとおいしい!

パンケーキをおいしく作るコツ

2014.07.29 TUE


パンケーキママカフェvoivoiが提案している「キーマカレーとグリーンピースパンケーキ」。ベーシックなパンケーキのレシピの、牛乳をグリーンピースポタージュに替えたグリーンピースパンケーキ。キーマカレーを添えてカフェ飯風に
雑誌やテレビで特集されたり、人気の専門店では行列必至だったりと、まだまだ続きそうなパンケーキブーム。「家でも簡単にできるじゃん」なんて思っていても、実際作ってみると専門店には遠く及ばない出来栄えに…。料理ビギナーの男子でも簡単に作れるコツはないの?

「パンケーキを作るコツは、3つあります。まずは、混ぜ方。小麦粉などの粉類と、卵や牛乳の液体類はそれぞれ別にして混ぜておいてから、合わせます。ここで、混ぜすぎないのがポイント。2つ目は火加減。フライパンは中火に近い弱火にかけ、生地を流す直前に、濡れぶきんにフライパンをおきましょう。その後、火の上にフライパンを戻してから生地を流し込みます。3つ目はひっくり返すタイミング。生地に気泡があいてきて、3分の1くらいまで気泡がはじけたらひっくり返してください。この3つさえおさえれば、家庭でもおいしいパンケーキが楽しめますよ」

と、教えてくれたのは三軒茶屋にあるパンケーキ専門店「パンケーキママカフェVoiVoi」の阿多笑子さん。阿多さんによると、砂糖が少なすぎてもふくらみが悪く仕上がってしまうとのこと。ちなみに僕は、軽くふんわりした口当たりのパンケーキが好きなんだけど、どうしたら作れるの?

「軽くふんわりしたパンケーキなら、牛乳の代わりに炭酸水を使うと良いでしょう。また、ヨーグルトなら冷めてもしっとりしたもちふわ食感に、米粉を少し足せばもちもちになります。また、軽い食感にしたいなら、サラダ油を大さじ1杯加えるといいでしょう。

パンケーキといえば粉を牛乳で溶くイメージだけど、牛乳の代わりにジュースやスープなどを使っても良いそう。例えば、トマトジュースで溶いた生地に、炒めたパプリカやベーコン、チーズなどを入れてイタリアン風にしてもおいしいんだとか。

3つのコツさえクリアすれば、専門店の味も夢じゃない!? しかも、混ぜるものを変えるだけで多様な種類が作れるのも魅力的! ぜひ、自宅で試してみては。
(河島マリオ/GRINGO&Co.)

※この記事は2013年7月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト