男のエイジングケア/第1回

「目の下のクマ」を消す方法って?

2014.07.30 WED


血行不良を引き起こすストレスや過労、喫煙や運動不足なども青クマの原因になるんだとか。頻繁にクマができるなら、そもそもの生活習慣を見直すべきかも 画像提供:ロジャー/PIXTA
日夜忙しく働いているビジネスマンであれば、どうしても仕事が立て込んで残業が続いたり、睡眠不足になってしまうことはある。そんな日の翌朝、目の下にできてしまうのが“クマ”。素早くクマを解消する方法ってないだろうか?

「目の下というのは毛細血管がたくさん集まっているうえ、皮膚が非常に薄い部分です。血行不良のときは毛細血管の血が老廃物などで黒ずみます。それが透けて見えたのが、グレーっぽい“青クマ”。睡眠不足や体の冷えが主な原因ですが、長時間のPC作業で肩がこっているときなどにも出やすいんですよ」

と教えてくれたのは、スキンケアやメンズコスメに詳しい男性美容研究家の藤村岳さんだ。では、その対策とは?

「血行不良による青クマをてっとり早く消す方法としては、温かい蒸しタオルと、保冷剤をのせた冷たいタオルを交互に目の下にあてるのが効果的です。それぞれ30秒くらいを2~3回繰り返すと、血流が促進されてクマが薄くなりますよ。エアコンにあたって全身が冷えているようであれば、温かいお風呂にしばらく浸かるのもいいですね」

同じく目の下のマッサージも血流を促進するものの、男性の場合は力が強すぎて逆効果になることも多いので、むやみにこするのはオススメできないんだとか。ところで、筆者は最近しっかり寝ていても毎日クマができている気がするんだけど…。

「顔の骨格や体質にもよりますが、老化によって目の下や頬の皮膚がたるみ、影ができる『黒クマ』は20代後半から多くの人にあらわれる現象です。また、無防備に紫外線を浴びすぎたり、過度な摩擦などによってメラニン色素が沈着してしまう『茶クマ』も、なかなか改善が難しいクマですね。青クマと違って即効性のある対策はないのですが、ホワイトニング効果のある目元専用のアイクリームを使ってスキンケアをすることで徐々に改善できます。最近は男性向けの商品も出てきているので、試してみることをオススメしますよ」

「目は口ほどにモノをいう」というけれど、人とのコミュニケーションにおいて目元の印象は非常に重要。いい仕事をするためにも、いつも元気よくハツラツとした顔つきでいたいものだ。

(呉 琢磨)

※この記事は2012年7月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト