地方から東京にきて最も驚いたのは?

上京あるあるランキングTOP10

2014.08.24 SUN


『上京ものがたり』(シネマライズ他全国公開)の主人公・菜都美も、東京の高い物価のため生活費のやりくりが大変になるなど“あるある”を経験する (C)2012西原理恵子・小学館/「上京ものがたり」製作委員会
8月24日から映画『上京ものがたり』が公開される。本作は、『毎日かあさん』などで知られる漫画家・西原理恵子氏の自伝的コミックが原作。田舎から上京してきた美大生の奮闘ぶりが描かれている。

「上京」がテーマの物語で描かれるのは、東京と地方の違い。確かに、初めて上京してくると、驚かされることが多いもの。そこで上京経験者200人(25~34歳/男性91人・女性109人)に「上京して感じたこと」についてアンケート調査を実施したところ、以下のような結果となった。

●上京“あるある”ランキングTOP10
1位 有名人に会えると思っていたがそうでもなかった(64.0%)
2位 何年経っても、いまだに東京の道はよくわからない(59.5%)
3位 東京の人は怖いと聞かされていたけど、そうでもなかった(55.0%)
4位 ひとつの駅に改札&出口がたくさんあって驚いた(53.0%)
4位 駐車場代が地元の家賃並みで驚いた (53.0%)
6位 東京は危険な街だと思っていた。初めて渋谷に行ったときはちょっと緊張した(50.0%)
7位 東京の待ち合わせは「ハチ公前」や「アルタ前」が定番だと思っていたけど、そうでもなかった(49.5%)
8位 東京の人が、意外と東京のことを知らないことに驚いた(40.5%)
9位 人の歩くスピードが速すぎて、落ち着かない(37.5%)
10位 キレイな女性が多いと期待していたけど、そうでもなかった(35.0%)

もっとも多かったのは、「有名人に会えると思っていたがそうでもなかった(64%)」という意見。筆者も、上京してすぐ有名俳優を見た時は「さすが東京!」と感動したが、それから6年間、誰も見ていない。

3位の「東京の人は怖いと聞かされていたけど、そうでもなかった」もそうだが、“東京はこんな街”というイメージが強いせいか、実際とのギャップを感じた人が多い様子。6位(危険な街)、7位(待ち合わせ場所)も、同様のギャップといえよう。

そのほか、筆者周辺の上京経験者に聞いてみると、「トイレのないコンビニが多くてビックリした」(24歳)、「車道の合流が難しすぎる」(29歳)などの声が。さらには、「東京は出会いが多いと思っていたけど、まったく出会えない。地元の友達に『なんで東京にいるのに彼女出来ないの?』といわれるが、上京しても出会いが増えるわけでもなく…」(29歳)なんて嘆き節も…。「上京あるある」、様々なようだ。
(有井太郎)

※この記事は2013年8月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト