“ニュルニュル動画”が話題に…

「角栓」のケア方法を調べてみた

2014.08.28 THU


角栓は5日前後で再生する、といわれているそう。過剰なケアは逆効果とのこと、あまりきにしすぎないほうがいいのかも。
鼻の頭を爪でつまんだり、背中のデキモノに針を刺してグッと押したり…そこから白い脂のかたまりのようなものがニュルニュルと出てくる様を撮影した動画が人気を博しているの、知っていました?

毛穴にフタをして、皮脂をためてしまうのが「角栓」。鼻の黒ずみの原因にもなるもので、これを取り除くことに快感を覚える人は少なくないみたい。動画を見てみると確かに不思議な気持ちよさがあり、角栓を絞り出す『角栓にゅるっ』なんてiPhoneゲームが“地味にハマる”と評判になったりもしています。

周囲のR25世代男性にリサーチしてみると、針でつついて角栓を掘り出そうとする人、鼻が赤くなるほど思いきりつまみ、浮き出た角栓を爪でカリカリとこそぎ取る人、果ては金属製のカギの穴部分をグリグリと押し付け、角栓を無理やり搾り出している人など、けっこうハードな取り方をしている人が多いみたい。これって問題ないの?ということで、南青山皮膚科スキンナビクリニックの服部英子先生に聞いてみました。

「角栓は酸化して黒ずんで見えることもありますが、特に体を害するようなものではなく、過剰なケアはお勧めしません。無理やり押し出すなどすると、それが炎症につながり、ニキビや色素沈着の原因にもなります。毛穴パックなどのケア製品も、頻度が高すぎると同じくNG。そもそも毛穴が大きく開かないようにするか、黒ずんでしまうような角栓を作らせないようにするのがポイントです」

少なくとも、快感を求めてニュルニュルやっていると、あまりよくないということですね。具体的には、どんなふうにケアすればいいんですか?

「角栓は、スムーズに排出されない皮脂が毛穴につまり、角質とうぶ毛が交じり合ってかたまりを作るためにできます。大切なのは日々コツコツ、過剰な皮脂と汚れを除去するために、しっかり洗顔をすること。まだ、すでにできた角栓は固くなっていますので、蒸しタオルなどを使って、できるだけ柔らかくするのもいいでしょう。それでも気になる人は、クリニックでのピーリングで肌の代謝を高めたり、毛穴収縮効果のあるグリシルグリシンなどが含まれる化粧水を使ってみたりしては?」

男も美容を気にする時代。小鼻の黒ずみが気になっている人は、まずは日々の洗顔を徹底しつつ、蒸しタオルでケアをするのがいいかもしれませんね。
(橋川良寛/blueprint)

※この記事は2012年8月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト