恋人選びにまつわるオンナ心を300人にアンケート調査

ギャップモテ1位は無愛想男の…

2014.08.07 THU


悩ましき男女間のすれ違いを埋めるには異性への理解が欠かせない。いつの世も、女性の本音を読み解くことがモテへの第一歩なのかもしれない
いま、女性にモテるのは果たしてどんな男か? 容姿、優しさ、経済力…。表面的な要素はいくつも思い浮かぶが、それだけではないはずだ。そこで、より具体的なモテ男像を探るべく20歳~34歳の女性300人にアンケート調査。恋人選びにまつわる「オンナ心」を読み解いてみた。

まずは相反する2つの男のタイプについて「どちらを恋人にしたいか?」を選んでもらった。例えば「ノリが良い賑やかな男」と「ゆったり話す落ち着いた男」では、後者が79%と圧倒的な支持を得ている。
では、その他の「勝敗」を見てみよう。

○彼女を甘やかしてくれる男(80.0%)
×彼女に甘えてくる男(20.0%)

○最後は自分で決める男(71.0%)
×最後は女性に決めさせてくれる男(29%)

○流行に流されない無骨な男(66.0%)
×最新スポットなどの情報に詳しい男(34.0%)

○繊細で細やかな気配りができる男(64.3%)
×ワイルドで細かなことは気にしない男(35.7%)

○頻度は低いが長文を送ってくれる男(55.3%)
×休憩のたびにメールをくれるマメな男(44.7%)

○気長だけど、いったん怒ると長引く男(53.3%)
×怒りっぽいけど冷めやすい男(46.7%)

○無口だけど話をよく聞いてくれる男(52.7%)
×よく喋って話が面白い男(47.3%)

○彼女だけに優しい男(51.3%)
×みんなに優しい男(48.7%)

○男友達との約束が多い男(50.3%)
×空いている時間をすべて使ってくれる男(49.7%)

これらをまとめると、現代の女性の多くは包容力や紳士的なメンタル、大人の落ち着きといった資質を男性に求めているのが分かる。

一方、男性にも「女性が選ぶのはどちらだと思うか」を聞いてみたところ、「ノリが良いにぎやかな男」「空いている時間をすべて彼女に使ってくれる男」「最新スポットなどの情報に詳しい男」などで、女性の支持とは違ものをチョイス。もちろんすべてがそういった結果ではないものの、男性が思う「モテる男」は女性と乖離があることは事実のようだ。

次に「男性に対して、ドキっとする瞬間は?」と聞いてみたところ、以下のような結果に。

1位 普段はぶっきらぼうな人から、優しい言葉を掛けられたとき(55.7%)
2位 普段は不愛想な人の、子どもみたいな笑顔を見たとき(49.0%)
3位 普段は弱音をはかない人が、ぽろっと弱音をはいたとき(24.0%)
4位 普段は冷静な人が、好きなことについて熱く語ったとき(23.3%)
5位 普段はチャラチャラした人の、真剣な顔を見たとき(19.0%)

いわゆる「ギャップ萌え」というやつだが、その中でも最も女性がドキっとしてしまうのは、普段はぶっきらぼうな男が、ふいに見せるやさしさや無邪気さ。一方で、同じギャップでも「チャラ男の真剣な一面」はさほどの好感度を得られなかった。不器用、不愛想などのマイナスイメージがひとつの仕草をきっかけにプラスに転じる。そんな瞬間に、多くの女性はときめくようだ。

というわけで、なんとなく見えてきた女性ウケする男の姿。一朝一夕に到達できるものではなさそうだが、だからこそ女性にとっては輝いて見えるのだろう。
(榎並紀行/やじろべえ)


  • 女性が喜ぶと思っていても…

    男性側に「女性にしてあげたら喜んでもらえそうな行動」を聞くと、2位に「荷物を持ってあげること」、5位に「こまめに連絡すること」がランクイン。しかし、女性サイドの回答を見ると、これらはさほど効果がないように思える。ステレオタイプな女性観を押し付けるような恋愛表現は裏目に出てしまう可能性も大きいようだ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト