20代30代女性300人の「セックス白書」

彼氏とのセックス満足度は○○点!

2014.08.07 THU


性の不一致が二人の関係に亀裂を生まないよう、時にはそれぞれの趣向についてきちんと確認しておくのも必要かもしれない
知りたいけど、面と向かってはなかなか聞けないセックスの話。果たして世の女性は、セックスにどんな思いを抱いているのだろうか? 20歳~34歳の女性300人に、セックスにまつわるアレコレを聞いてみた。

まずは単刀直入に「彼氏とのセックスの満足度」について直撃。すると、平均点は68.4点。30代女性に限って見れば72.1点と、まずまずの「評価」だった。しかしその一方で、全体の約14%は30点以下の低い満足度7人に1人が赤点という厳しい評価も見られた。

次に、様々な項目に対し、二択で「セックスの際にイヤなこと」はどちらか選んでもらった。結果は以下の通りだ。

×「早漏の男」(52.3%)
△「遅漏の男」(47.7%)

×「何度もしたがる男」(58.7%)
△「1回しかしない男」(41.3%)

×「ずっと体位を変えない男(いつも同じ体位の男)」(56.3%)
△「いろんな体位を試したがる男」(43.7%)

×「気持ちいい? イった?と確認してくる男」(57.0%)
△「まったく聞いてこない男」(43.0%)

×「いつも同じHしかしない男」(51.7%)
△「ちょっとアブノーマルなプレイも試したがる男」(48.3%)

×「終わったらさっさと寝る男」(73.3%)
△「ずっとあなたのカラダを触り続ける男」(26.3%)

早漏過ぎてもダメ、遅漏すぎてもダメ。言葉攻めも嫌だけど、無言でする男も…。セックスにもバランス感覚が必要であることが分かる。体位については、20代女性の61.2%が「いつも同じ体位の男」に嫌悪感を抱いており、むしろ体位のバリエーションを増やしプレイの幅を広げる探求心こそが好まれるようだ。年代を問わず圧倒的に好感度が低かったのは「終わったらさっさと寝る男」で、73.7%の女性が「イヤ」と回答。女性にとってのセックスは行為後の余韻もセットであることを、男は今一度心得るべきなのかもしれない。

また、「付き合ってから初Hまでの適切なタイミング」について聞いたところ、「4~6回目のデート」(29.0%)がトップに。次点は「3回目のデート」(21.7%)。デート6回目までにカラダを許すという女性が約70%に上った一方、「結婚するまでしない」派も10.7%存在。「どんな時に(性的に)ムラムラするか?」という問いには、「恋愛映画などでキスシーンやSEXシーンを見たとき」(44.3%)、「生理前のとき」(37.0%)、「酔っぱらったとき」(25.0%)という回答が上位を占めた。ちなみに、やってみたいコスプレの第一位は「メイド」(34.7%)だった。

性の趣向は人それぞれ。さりとて相手あってのことだけに、ある程度のセオリーは押さえておくべきだろう。アブノーマルなプレイは、あくまで双方の合意があっての嗜みであることを心得たい。
(前田智行)


  • ムラムラスイッチは恋愛映画?

    この結果を見る限り、男だろうと女だろうと性的興奮を覚えるきっかけにさしたる違いはないのかもしれない。なお、男性にも「女性はどんなときにムラムラすると思いますか?」と聞いたところ、最も多かったのは「酔っぱらったとき」(40%)だった。女性側とは15ポイントの開きがあるだけに、「酔わせて落とす」というアプローチは男が思うほど効果的ではないのかも
  • 紐パンこそ「勝負下着」!?

    女性が考える“勝負下着”の第1位は「紐パン系」。もしベッドでお目にかかることがあれば、それは彼女の気合の表れと見ていいのかもしれない

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト