女心がわかる!? ホンネの恋愛事情

20代も注意!女性ホルモンが減るとどうなる?

2014.08.06 WED


女性らしいボディラインも… 画像提供/セキララ★ゼクシィ
女性の美しさと健康をつかさどるといわれている「女性ホルモン」。年と共に減少していくのは分かるけど、最近では若くてもホルモン分泌が低下している人がいるんだって。そもそも女性ホルモンって何?女性ホルモン美容研究家の申弘美さん、教えてください!

「女性ホルモンとは、脳からの指令で卵巣から分泌される“エストロゲン”と“プロゲステロン”の2つのホルモンのことをいいます。美容や妊娠・出産など、女性が女性であるために欠かせないものです。この女性ホルモンは、10代の思春期から増え始め、20代後半から30歳でピークを迎え、それ以降は少しずつ低下していき、40代後半で激減します。その分泌量は、一生のうちにティースプーン1杯分くらいしかないといわれていますが、私たちの体に大きな影響をもたらす、女性にとってとても大切なものです」

そんなに少ない量しかないなんて知らなかった。でもそれって、心身共に健康な女性が、毎日きちんと体内で生成されている場合の話ですよね?最近では、若くても女性ホルモンの分泌が低下している人がいるって聞いたんですけど…。

「そうですね。若い女性でもホルモンが低下している人は確かにいます。一番大きな原因として挙げられるのは、何といってもストレス。現代の若者たちは、人間関係やオーバーワークなどで多くのストレスを抱えています。ストレスは自律神経の調整を乱し、月経不順や無月経などの婦人科のトラブルや、自律神経失調症やうつ病などの心のトラブルを引き起こします。さらには、エストロゲンは脳の保護に大きく関係していて、エストロゲンの分泌が低下すれば脳の働きも低下してしまうので、もの忘れがひどくなるなんてことも。また、不規則な生活や睡眠不足、過度なダイエット、運動不足、冷えなども原因に。女性ホルモンは、コラーゲンを増やして弾力を維持したり水分を保つなど、肌を若々しくする働きがあります。女性ホルモンが低下すると、肌の水分量が減り、たるみやシワ、乾燥などのトラブルを引き起こすことも。これは髪にもいえることで、髪の乾燥や抜け毛は、女性ホルモンの影響が考えられます。とにかく、女性の美しさが失われてしまうのです」

わ~怖い!女性ホルモンは美容だけでなく、心や体の健康にも大きく影響するんですね。申さんいわく、「女性ホルモンを低下させない対策としては、原因となるものを改善させることがベストです。難しいかもしれませんが、楽しみを見つけたりしてストレスをためないこと。そして、よく寝て、適度な運動をし、規則正しい生活をするようにしましょう。また、夏はホルモンバランスが乱れやすい時期でもあります。暑いので、どうしても冷房にあたり過ぎたり、冷たいものを大量に飲んでしまいがちですが、ホルモンバランスを乱す原因になるので、体を冷やさないようにしましょう。女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボンを多く含む豆腐や納豆、豆乳をはじめ、美しい肌や髪の原料にもなるタンパク質、美肌効果も高いビタミンCを積極的に摂るのもおすすめです」とのこと。

なんとなく体調が悪かったり、化粧のノリが悪いと思っている人は、もしかしたら女性ホルモンが低下しているのかも!女性ホルモンの重要さを理解して、一度きちんと向き合ってみるのも、女性としてキレイでいるためには大切ですよ♪


【取材協力】
申 弘美さん
株式会社シンリー・ジャパン代表取締役社長。外資系、大手企業でマーケティングディレクターとして24年間勤務。金融から通販、 高級消費財まで多くのマーケティング業務に携わる。2009年より化粧品の開発に取り組み、女性ホルモンと肌の関係に着目したエイジングケア基礎化粧品「シンリーボーテ」を完成。現在、女性ホルモン美容研究家として、スキンケア情報サイト「スキンケア大学」でコラムを執筆中。


記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト