家事イケメンのトリセツ

家事IQが高い男子は何が違うの?

2014.08.18 MON

家事イケメンの トリセツ > 家事イケメンのトリセツ


偏差値60以上の男子と50未満の男性の回答から、もっとも差分の大きかった項目をランキング化したのがこちらの表。掃除と洗たくに限れば、6項目中の3項目がニオイに関することだった

家事IQが高い男子は、ニオイへの感度が高い?



わかりやすく差がついたのは、ニオイに対する感じ方だった。掃除、洗たく、炊事に関して、「家事IQが高い男子がやっていて、低い男子はやっていないこと」の上位9項目のうち、3項目はニオイに関すること。

掃除についての質問では、「部屋の換気をこまめにする」(家事IQが高い男子:76.6%/低い男子:23.3%)、「部屋のニオイに敏感」(高い男子:60.0%/低い男子:12.3%)、洗たくについての質問では、「衣類のニオイに敏感である」(高い男子:71.7%/低い男子:12.0%)に、大きな差が現れた。もしかして、家事が苦手なオトコの部屋って臭いのでは…。

ここはニオイに絞ってさらにアンケート。「自宅のニオイケアのために行っている対策」を聞いたところ、「生ゴミの管理に気をつけている」(家事IQが高い男子:62.5%/低い男子:18.3%)、「キッチンや排水口の掃除は怠らない」(高い男子:58.3%/低い男子:6.3%)といった違いが見られたほか、「洗たく物はためこまない」(高い男子:50.0%/低い男子:8.0%)にも顕著な差が…。いや、こりゃ、家事が苦手なオトコの部屋って、確実に臭いぞ。

では、部屋のニオイの発生源はどこにあるのだろう? 花王でリセッシュの開発に携わる三宅登志夫さんによると、「家のニオイは、台所や洗たく物に加えて、玄関に置いてあるマットや靴、部屋の壁紙やじゅうたん、カーテンなどに染み付いたニオイも発生源のひとつになっているんです」とのこと。玄関マットや靴、じゅうたんは人の足裏の汗や皮脂、壁紙やカーテンは、料理のニオイなど、空間に飛散したニオイ物質が付着しているという。

なるほど、玄関マットやじゅうたんなどはなかなか洗えない。これが、ニオイの元になっていたのか。実際、家事IQが高い男子たちでも、「水洗いできないラグやカーテンに消臭スプレーを使用している」と回答したのは、45.8%。ここに気づけば、部屋のニオイもリフレッシュできるってわけだ。

それでは、どんな消臭スプレーを選べばいいのだろうか。オススメしたいのが、独自の特長を持っている『リセッシュ除菌EX デオドラントパワー』だ。
『リセッシュ除菌EX デオドラントパワー』は、気になる汗や体臭はもちろん、タバコや焼き肉などのニオイをせんいの奥からフルパワー消臭。黒いシンプルなパッケージもオトコのひとり暮らしにぴったりなデザインだ
「リセッシュは、独自の消臭成分を使うことで、汗などのニオイを中和してしまいます。他の香りを被せることで、元のニオイを目立たなくする方法だと、時間が経つとニオイが戻ります。リセッシュの場合、ニオイ物質自体を匂わない物質に変えてしまうので、ニオイが戻りづらいんです」(三宅さん)

玄関マットやじゅうたん以外でも、布製のソファやシーツなど、面積が広いものは、それだけニオイがたくさん付着するので、まめにリセッシュで消臭しておきたい。

まずは、部屋のニオイに気を遣って、掃除や洗たくの家事を始めれば、いずれは家事IQが高い、家事イケメンになれるかも。目指せ、彼女を呼んでも恥ずかしくない部屋!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

ブレイクフォト